SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*Cinemoreにて『大逆転』(83)についてを寄稿。(7/17/19)
*Cinemoreにて『星の王子ニューヨークへ行く』(88)についてを寄稿。(7/6/19)
*Cinemoreにて『スタンド・バイ・ミー』(86)についてを寄稿。(7/2/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*Cinemoreにて『シャフト』(2000年)についてを寄稿。(6/26/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
*映画秘宝 6月号の「サノスの倒し方大全!」特集でサノスの倒し方を寄稿。(4/20/19)
*Fridayデジタルにて「激ヤバで面白い『ブラック・クランズマン』はトランプへの挑戦状!」というコラムを寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 5月号にてブラックムービー、スパイク・リー、『ブラック・クランズマン』、『ヘイト・ユー・ギブ』を寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 4月号にて『ビール・ストリートの恋人たち』&『グリーンブック』レビューを寄稿。(2/21/19)
*DU BOOKS 「ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix」に『親愛なる白人様』について寄稿。(1/25/19)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2018に参加。(1/21/19)
*リアルサウンドにて「ブラックムービーの今」というコラムを寄稿。(1/3/19)
*『ブラック・クランズマン』マスコミ向け試写会用プレスにスパイク・リーについて寄稿。(12/19/18)
過去記事

"30 for 30" No Crossover: The Trial of Allen Iverson / 日本未公開 (2010) 896本目

アレン・アイバーソンのドキュメンタリーだからというよりも、スティーブ・ジェームスが監督という事で私のボルテージは上がる。そうだ、泣く子も黙るバスケットボールのドキュメンタリーの名作「Hoop Dreams / フープ・ドリームス (1994)」の監督がスティーブ・ジェームス(同姓同名の黒人アクション俳優がいるね)。アカデミー賞は逃したが、それ故に次の年からアカデミー賞のドキュメンタリー部門の選別基準を変えた程の名作ドキュメンタリー。ジェームスは4年間も2人の少年を撮り続けた。そのジェームスが撮るのがアレン・アイバーソン。正直なんで?って思った。バスケットボールと言えば、やっぱりマイケル・ジョーダンだろうし、マジック・ジョンソンも居るし、ラリー・バードだっていいじゃないか!なんで、アレン・アイバーソン??と思いながら見ていたら、なるほど!スティーブ・ジェームスとアレン・アイバーソンは同郷。スティーブ・ジェームスの父が町では有名な高校時代のフットボールの選手。その後は黒人移住地区でカーペット会社を経営していた。スティーブ・ジェームスもアイバーソンと同じ高校でバスケットボール部に入っていた。もちろんアイバーソンみたいな活躍してないけど...っていう自虐的なデータも映画で発表していた。

でもアレン・アイバーソンはコーンロウ復活の立役者ですよね。スヌープか、アイバーソンか... 彼がNBAに入ってコーンロウにしたあたりから、またコーンロウが流行りだした。日本人だって未だにマネするもんね。でもうちの夫に言わせたら、コーンロウはあまりいいイメージがないらしい。お金の無い人がやる髪型との事。日本でやるコーンロウは高すぎでそんなイメージないかもしれないけど。アメリカの黒人の人はコーンロウを編める人が多いので無料で出来る髪形。でも今じゃオシャレの1つになってますからね。アイバーソンのお陰でしょう。マイケル・ジョーダンがスキンヘッドをオシャレにさせた感じですかね。やっぱりアイバーソンがかっこよかったからみんな真似した訳ですよ。

1993年2月14日。バレンタインデーで浮かれていた時に、アイバーソンは友人とボーリング場に出かける。そこで遊んでいたら、白人の若者に言いがかりを付けられて、しまいには「Nワード」を言われてしまう。そこから大乱闘。イスが投げられたりと凄かった。この場面がなぜかホームビデオで一瞬残っている。しかし今みたいな技術やクォリティがあるビデオでもないし、一瞬だった為に法廷でも誰が誰だか分からない映像だった。しかし警察官に逮捕されたのは、アイバーソンを含めた4人の黒人少年達だけだった。白人の女の子をイスなどで暴行したのが罪。しかもみんな高校生なのに、なぜか少年法ではなくて、大人として裁かれる事になった。アイバーソンはもう当時からNBAに行くだろうといわれていたので、町の人気者だった。これには黒人コミュニティ側から反発を受ける。黒人達はすぐに支援団体を作る。「Free Iverson(アイバーソンを自由に)」というTシャツを着たり、集会を開いたりと凄かった。同年の9月には判定が決定。なんと懲役15年の有罪。もうアイバーソン終わったーと思っていたが、州知事が黒人に代わった事で事態は急変。アイバーソンは釈放された。先の判決で4人のうちの一人は先に無罪で釈放となっていた。でもアイバーソンが釈放されても、他の2人は中々釈放されなかったらしい。しかもアイバーソンが収容されていたのは割と警備が緩い農作業をする施設で、他の2人は大人と同じ警備の厳しい刑務所だった。アイバーソンの才能が優遇されていた事が分かる。と、まあここまではウィキでも分かる事実。ここからジェームスは話を面白い方向に持っていく。元々、ハンプトンはアイバーソンが居たべセル高校とハンプトン高校のライバル対決があった。ハンプトン高校には町の名士達が集まっていた。アイバーソンが当時付き合っていた女の子のお父さんがアイバーソンの判決の判事だったりもした事が明らかになった。

そしてジェームス自身も高校時代を振り返り、「私も黒人のチームメイトの家に遊びに行った事もないし、いつも人種で分かれていたね」と。この映画を撮っていたカメラマンが黒人の人。ジェームスはその彼に「白人になりたいと思った事あるかい?」と聞けば「よくあるよ」と。ジェームスはジェームスで「黒人になりたいとは思わなかったけれど、バスケットをやっている時には黒人のあの才能が羨ましく思ったね」と正直に2人で会話する場面も面白い。そして当時ハンプトンには黒人ジャーナリストが居なかった事も、町をさらに二分化してしまう事になった。面白いのは黒人側もこの映画のインタビューに躊躇する人も多かったという事。でも失望のアレン・アイバーソンを献身的に支えたのも白人である。卒業できなかったアイバーソンの家庭教師が白人の女性。そのお陰でアイバーソンジョージタウンに入学して、NBAにまで入る事が出来た。

「フープ・ドリームス」もそうだったけど、大人の欲望って怖い... 少年達の夢が見事に壊されていくんだから。

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4.75点/5点満点中:DVDにて鑑賞)