SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Planet Rock: The Story of Hip-Hop and the Crack Generation / 日本未公開 (2011) (TV) 906本目

VH1で放送されたドキュメンタリー。RZAとレイクウォンとスヌープ・ドックとトゥー・ショートとソルトン・ペパのペパとかがヒップホップとクラックの関係について語っています。後は本当のドラックディーラーだったロサンジェルスのフリーウェイ・リック・ロス(先日発作で緊急離陸した方ではなくて)とかニューヨークのエイジィー・ファイゾン(「Paid In Full / 日本未公開 (2002)」の元となった人)とかもクラックについて語っている。クラックとコカインと言えば、古くは「New Jack City / ニュー・ジャック・シティ (1991)」そして「American Gangster / アメリカン・ギャングスター (2007)」とかでも描かれていたように、ベイキングソーダ重曹)を混ぜるのが一般化していた。それを考えだして最初にやりだしたのが、フリーウェイ・リック・ロスだったとは面白い。でもなんでベイキングソーダを混ぜるようになったかというと、クラックは金持ちの白人の為のクスリと言われていたほど高い麻薬だったのです。ベイキングソーダを混ぜる事で量を増やせるようになり、しかも効果が同じほど得られるのです。ストリートスマートとでも言おうか... ストリートスマートにはビジネスマンだけじゃなくて、科学者まで居たという事。

クラックとヒップホップは流行り始めたのが同じ時期と重なり、お互いがリンクしていくようになる。ラッパーの名前にクラックの隠語が多く使用されたり、ラップの詩にもクラックの事を歌ったラップも多い。またクラックが流行り始めた理由としては、レーガン大統領時代の失業率の増加だった。彼等は現実に行く場所を失い、麻薬という幻想に浸った。クラックは恐ろしい勢いで広がっていた。このドキュメンタリーでは「epidemic(異常発生)」という言葉を使っていたのが面白い。

そうなると政治も黙っていない。この前に書いたバスケットボール選手のレン・バイアスの件を機に政府は動きだし、クラックについては他の事件と比べて重罪が言い渡される法律が作られるのです。それによって、クラックなどの麻薬取引で富を得ていた者の多くが、監獄で生活する事になる。

しかしヒップホップの方は勢力を強めていく。彼等は成功した証としてゴールドチェーンをつけ始める。ニューヨークのダッパー・ダンは、偽のグッチやルイ・ヴィトンの生地で派手なレザージャケットから、車の内装まで作っていく。

80年代から90年代初期までの面白かったヒップホップの時代が見事に証言やアイスTの見事なナレーションで蘇っております。ただ...麻薬にはJust say no!ですな。

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4.5点/5点満点中;DVDにて鑑賞)