SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

A Screaming Man / 終わりなき叫び (2010)

Cast >> Youssouf Djaoro (Adam Ousmane 'Champion'), Dioucounda Koma (Abdel Ousmane), Emile Abossolo M'bo (Le chef de quartier), Hadje Fatime N'Goua (Mariam), Marius Yelolo (David) ...
Director >> Mahamat-Saleh Haroun
Writer >> Mahamat-Saleh Haroun
Producer >> Florence Stern
Genre >> Drama
Country >> Chad

総合ポイント >> 5/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5

Beautiful but Merciless beloved country
老いたアダム(ユースフ・ジャオロ)と20歳になる息子アブデル(ディオク・コマ)はホテルのプールの監視員の仕事をしていた。昔水泳チャンピオンだったアダムはその仕事を「人生だ」と人に話す位に生きがいにしていた。しかし最近になって経営者が中国人に代わり、仲の良かったホテルの料理人デイビットが首になった。そしてアダムもついにプールの監視員から、ホテルの駐車場の管理へと移動させられた。そして混乱が酷くなったチャドの町で、息子は政府軍に強制的に入れられてしまう...

マハメット・サレー・ハルーンの映画はいつも美しい。その色彩が特に印象的だ。今回は淡い色を基調にした現代劇。哀しいリストラの話かと思えば、物語は急展開をみせ驚かされる。哀しいオヤジを演じたユーフス・ジャオロの哀愁漂う演技が素晴らしい。冒頭では息子と息止め対決。最初は勝つけど、さすがに60歳となった男は20歳の男に負けてしまう。妻とはスイカを仲良く食べたり、息子が辛そうな顔をしていれば優しく声を掛ける寡黙なオヤジ。でも生きがいである仕事を息子に奪われた時、男はバランスを崩してしまう。息子が無視しているのに、しつこく上司に何を言われたのか聞いてしまう。食事中も会話をせずに、妻は「せっかく美味しいご飯を作ったのに」と小言。妻が居なくなれば、息子に「俺を年寄りだと思ってるんだろ?」と八つ当たり。負けて居られないと夜中に腹筋までしてしまう。その絵が実にシンプルだけど、力強さが印象に残る。

混乱したチャドの町の誰も居なくなったプールで男はこっそりと泣き叫ぶ。ハルーンの故郷への愛を美しさで表現し、その故郷の問題点を誰にも想像出来ないような物語で知る最高の作品。

(8/8/11:DVDにて鑑賞)