SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Roots / ルーツ (1977) (TV)

Cast >> LeVar Burton (Kunta Kinte/Toby), Ben Vereen ('Chicken' George Moore), John Amos (Kunta Kinte/Toby), Madge Sinclair (Bell Reynolds), Moses Gunn (Kintango), Thalmus Rasulala (Omoro), Hari Rhodes (Brima Cesay), Olivia Cole (Mathilda), Louis Gossett Jr. (Fiddler), Leslie Uggams (Kizzy Reynolds), Olivia Cole (Mathilda), Richard Roundtree (Sam Bennett), Ji-Tu Cumbuka (Wrestler), Cicely Tyson (Binta), Georg Stanford Brown (Tom Harvey), Scatman Crothers (Mingo) ...
Director >> Marvin J. Chomsky(3, 4, 6), John Erman (2), David Greene(1, 2), Gilbert Moses (5)
Writer >> Alex Haley
Producer >> David L. Wolper, Stan Margulies
Genre >> Drama

総合ポイント >> 5/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5

A Monumental
ガンビアのマンディンカ族の村で青年の儀式を済ませたばかりのクンタ・キンテ(レヴァー・バートン)は、親を離れて一人で住むことになり、弟に頼まれたドラムを作ろうと近くの森へと行った。そこで見た事無かったトゥボブ(白人)に囲まれクンタは捉えられた。そしてクンタはロード・リゴニアに乗せられ連れてこられたのは、アメリカのアナポリスだった。奴隷として働かされるが、結婚して子供キジーが出来た時にクンタは故郷アフリカを忘れないで欲しいと、キジーに「我はマンディンカの誇り高き戦士!コはフィドルでカンビィ・ボロンゴは川の意味」と教えたのだった。キジーは自分の息子チキン・ジョージにそれを伝え、ジョージは息子のトムに教え、トムは娘シンシアに伝え、シンシアは娘バーサに伝え、バーサは息子アレックス・ヘイリーに伝えていったのだった...

1977年1月23日、歴史が変わった。ABCで放送されたミニシリーズは全米の心を捉えた。何がそんなに人々の心を捉えたかというと、やはりその壮大なストーリーだろう。アメリカの住む多くの黒人は、元々はアフリカからやってきた事は知っていても、実際にどのアフリカの部分から来たのか知らない人が殆どだ。学校の教科書を見ても分からない。昔から奴隷は黒人の間でも否定的だった。しかし何億もの人々が見るテレビの一番いい時間のプライムタイムに、この番組は初めて黒人の視点から奴隷を描いてみせた。クンタ・キンテはアフリカのルーツを忘れない、そして自由をまた手にするのだと、何度も逃亡を試みる。そしてアフリカの言葉を代々に伝えようとする姿に、黒人の人々は何か熱いものを感じたはずだ。そして時代は丁度ブラックスプロイテーションの末期。ブラック・イズ・ビューティフルのスローガンを手にいれ自信を取り戻した人々は、今度は自分の過去に遡り、またプライドを手にしたのだった。歴史を変えるに丁度良い雄大な長さと規模だった。
成長したクンタ・キンテを演じたジョン・エイモスの絶対的なプライド、クンタを面倒見るフィドラーを演じたルイス・ゴセット・ジュニアの優しさ、ベン・ヴァーレン演じたチキン・ジョージの明るさが忘れられない。

教科書では語られないアメリカの歴史が力強くここに記されている。誰もが忘れられない歴史的な瞬間を感じる事になる。クンタ・キンテのプライドが、アメリカのまた1つの歴史であった。日本人の心も大きく何かを得る事が出来るだろう。

(Unknown, 8/3/11;DVDにて鑑賞)