SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

"30 for 30" Muhammad and Larry / 日本未公開 (2010) 904本目

こちらもスポーツ専門チャンネルESPNが制作の「30 for 30」シリーズの1つ。アメリカのスポーツと言えば、やっぱり何といってもモハメド・アリでしょ!という事で、アルバート・メイスルズが監督。さすがドキュメンタリーを撮り続けただけあって、切り口が面白い。モハメド・アリはもう彼自身が絵になる男。彼のドキュメンタリー映画は今までに何本作られた事か... その殆どが秀作。正直、モハメド・アリをドラマ化した「Ali / アリ (2001)」も凄かったけれど、ドキュメンタリー「When We Were Kings / モハメド・アリ かけがえのない日々 (1996)」の方が数倍面白い。「Ali: An American Hero / アリ/栄光への軌跡 (2000)」については完全に駄作。唯一見ごたえあるドラマは、アリがアリを演じた「The Greatest / アリ/ザ・グレーテスト (1977)」位。やっぱりアリはアリしかないと思わせてしまうのです。

なので今回もアリの部分は当時の映像のみを使用。そして今回はアリを引退へと追い込んだラリー・ホームズも主役。彼の場合は当時の映像ももちろんの事、現在のインタビューやロケにも応じている。「ホームズなんてKOしてやる!」と息巻くアリの言葉からこのドキュメンタリーは始まっている。モハメド・アリのスパークリングパートナーだったラリー・ホームズがチャンピオンをかけて戦う事になったいきさつから、当時のアリの状況などが詳しく語られている。ホームズは最初にアリから勝った事でラスベガスにてファンに「あんたなんて大嫌い!」と言われ、「何で?」と聞いたら、「あんたがアリをやっつけたからよ!」と言われたというエピソードを披露している。アリが唯一無二のチャンピオンだった事が分かるエピソード。ホームズだって勝ってチャンピオンになれば、沢山のファンから喜ばれると信じていたと思う。この当時のチャンピオンは皆アリの影となってしまったのだ。

ホームズの魅力が満載。あんな強面なのに、自分の子供にキスしまくり。奥さんには帰るコールを欠かさない。そしてインタビューでは「みんなみたいに派手な生活は必要ないよ。家も1つで十分」と、慎ましい発言。でも車の中では熱唱。でもそんなホームズが最後の方では「みんなアリの事ばかり話題にすると、むかつくんだ!」と言い、人間的な部分を見せてくれる。当時は完全にアリの影になったかもしれないが、今では過小評価されたチャンピオンとのも言われていて、再評価されている。30年後のラリー・ホームズが思った以上に幸せそうなのが何よりである。

幸せそうです!

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4.75点/5点満点中:DVDにて鑑賞)