SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

N-Secure / 日本未公開 (2010) 887本目

誰もがビデオスルーになると思っていたら、限定公開であるもののなぜか劇場公開された作品。まあ驚いたね。ポスターで一番でかく写っているおじさん、誰よ?って感じなのです。コーデル・ムーアという俳優で、タイラー・ペリーの舞台に出ていた人なんですが、まあ知らないって感じなのです。本当に。私も今回始めて認識させてもらいました。彼が出ていたタイラー・ペリーの舞台のビデオは見た事あるけど、それでも覚えてなかった。こんなオジサンが主役で平気なのですか?という事です。共演は「Dance Flick / 最強絶叫ダンス計画 (2009)」や「Preacher's Kid / 日本未公開 (2009)」のエッセンス・アトキンス。彼女は割と好き。タラジ・P・ヘンソン系の女優さん。どちらかというとコメディが得意。アイス・キューブがプロデュースしている「Are We There Yet?」のテレビ版では、テリー・クルーズの奥様役。後は80年代に大ヒットした「コズビー・ショー」の次女役だったテンペスト・ブレットソーとか「Why Did I Get Married? / 日本未公開 (2007)」で滅茶苦茶いい男を演じていたラマーン・ラッカー、テレビシリーズとかで有名なエリス・ニールとかが出演。後は誰?という感じです。しかしコーデル・ムーアという誰?というオジサンが気味の悪い男を熱演。熱演???というか、この役のイメージにピッタリ。彼が演じたのがデビット・ワシントンという男で、元海兵隊で今は成功したビジネスマンの男。この男が凄いんだ!日本語も出来ちゃう。コーヒーショップで、日本人の駐在?のサラリーマンの2人が黒人の女性のお尻を見て、「いいケツしてるなー」みたいな事をこそこそと日本語で言うと、デビットは日本語で「そういう下品な事はもっと分からない言葉でしゃべれ!」と怒るのです。っていうか、日本のサラリーマンもさすがにアメリカのしかも田舎メンフィスのコーヒーショップで日本語が話せるアメリカ人なんて居ないと思っていたからこそ、日本語だったと思うし... と、まあ突っ込み所は満載。でもサラっと書いたけど、これはメンフィスが舞台なのです。そこを強調していないのも面白いかと... でも意識してない訳じゃなくって、ラマーン・ラッカー演じた男はブルースのベーシストでさりげなくメンフィスのクラブが出てくる。なのでビールストリートも出てきます。田舎田舎していない、素顔の今のメンフィスが感じられますね。とはいえ、いい映画という訳でもありません。先に書いたように突っ込み所満載です。でも何気に最後まで飽きずに見れちゃいます。もう大体想像はついてるけど。

しかし、デイビット・ワシントンは悪い男です!でも成功していて、最初は優しいしお金持ってるから女はコロっと騙されちゃう。いやデビットも騙している訳じゃなくて、彼の場合は病気ですね。私は最初から絶対にムリですけど!!彼みたいな顔苦手だし。私は絶対に騙されない自信ありますが(長友顔なら絶対に騙されている)、世の中にはそういう女性も居るわけで...でもそれがエッセンス・アトキンスだったのが私は非常に残念よ。でもエッセンスは実生活では出会い系サイトMatch.comで今の夫と知り合ったんですよね。つい先日妊娠を発表したばかり!(おめでとう!!)彼女はそういう男に騙されるような女性じゃないでしょ?と文句を言いながらも最後まで見ちゃいます。でもエンディングの曲にずっこけ... 好きな曲だけど、おーい!やっぱり突っ込んじゃうなっ。

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら。

(3.5点/5点満点中:DVDにて鑑賞)