SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

N-Secure / 日本未公開 (2010)

Cast >> Cordell Moore (David Alan Washington), Essence Atkins (Robin Joyner), Denise Boutte (Tina Simpson), Tempestt Bledsoe (Jill), Lamman Rucker (Isaac Roberts) ...
Director >> David M. Matthews
Writer >> Julius Lewis, Christine Taylor
Producer >> Valerie Enloe, Bryce Southard
Genre >> Drama

総合ポイント >> 3.5/5点満点
Contents >> 3 Performance >> 4 Direct >> 3 Music >> 4

Freaks Come Out At Night and Day
実業家として成功しているデビット(コーデル・ムーア)はロビン(エッセンス・アトキンス)と婚約していた。一見幸せそうに見えたが、コントロールフリークのデビットとの結婚をロビンは疑問に感じていた。そして結婚前日にロビンは親友のジル(テンペスト・ブレットソー)の婚約者アイザック(ラマーン・ラッカー)と間違いをおこしそうになるが、その前にデビットとジルに見つかってしまう。デビットは結婚を中止し、すぐに若い美しい女性ティナ(デニース・ブート)に出会う。そして数ヵ月後にアイザックは車の事故で死んでしまい、そしてロビンは妊娠していた...

劇場公開が決まった時には誰もが驚いた。お世辞にも面白そうだと思えないプロットに、ダサいポスター、そして主役の男性誰?蓋を開けてみたら、確かに穴だらけの内容。怖くもないし、笑ってしまう部分すらある。でも意外と最後まで見れてしまう。ここまで来ると結構愛らしい。デビットの悪ぶりは在り得ないし、幾ら父親からの抑圧という複線があったとしても同情出来ない程のダメ男ぶり。そのくせに頭が切れるから余計にムカつく。チャーミングなエッセンス・アトキンスや綺麗なデニース・ブートが本気で惚れるとは思えないようなルックス。だから余計にイラっとさせられる。彼のダメぷりが、別の意味で「早く逃げてー」と思わせる。
でもメンフィスが舞台で、もちろん名物のブルースも絡んでくるが、多くが日常的な部分のメンフィスが多かったのは面白い。

アメリカのサスペンス版一人だめんず・うぉ〜か〜... ダメな男はこの世に要らない!

(7/30/11:DVDにて鑑賞)