SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Single Moms Club / 日本未公開 (2014) 1274本目

タイラー・ペリーの最新作。って書いても、日本ではまだまだタイラー・ペリーについての解説が必要なのかもしれませんね。一人エアロスミススティーブン・タイラージョー・ペリー)の名前を持つタイラー・ペリー。まあ一様改めて。1969年、ルイジアナ州ニュー・オリンズに生まれた。父からの虐待に耐え忍び、そんなタイラーを母は教会に連れていき、そこで心の安らぎを覚えた。高校は卒業せずに、後にGED(卒業資格)を取得。その後にアトランタへ移動。そこで父からの虐待や知り合いからの性的虐待のトラウマの回復に、書くことを進められる。そこで書いたのが、聖書の教えを元に書いた戯曲だった。自分の貯金で舞台にしたので、車に寝泊りするなど、ホームレスの経験もあった。しかしその舞台が認められて、全米をドサ回り。その舞台を収録したビデオやDVDが売れるようになり注目を集めるようになる。そこでライオンズゲートが彼の舞台『Diary of a Mad Black Woman / 日本未公開 (2005)』を映画化。この時は脚本とプロデュースで参加したが、後に自分の戯曲を映画化するときには監督にも就任するようになった。今やフォーブス誌の「エンタメ業界で稼いだ人物」にランキングされる程の人気に。
と、簡単に書くとこんな感じですかね。

5人のシングルマザーのメイ(ニア・ロング)、ジャン(ウェンディ・マクレンドン=コーヴィ)、ヒラリー(エイミー・スマート)、リティア(ココア・ブラウン)、エスパランザ(ズライ・エナオ)は小学校の校長に集められた。彼女達の子供が学校で問題を起こしたという。厳しい私立なので退学させようとしたけれど、そこまでする必要もないので、5人に学校への資金集めを要請する。それぞれ悩みや問題を抱え、多少のイザコザはあったが、準備をする間に5人は意気投合。同じシングルマザー同士で仲良く強力しましょ!って事で「シングル・マザー・クラブ」を作るのだった。

分かりやすい映画。まあ結末も思った通り!!ステキな王子様が現れて、大団円!いえーい!幸せ、ハッピー!!って感じっす。しかも王子様はみな貧乏もしくは普通だけど、性格が滅茶苦茶良くって、浮気なんてしないし、しかもハンサムでムキムキでセクシー、なぜか上半身裸なことが多い。問題一つもありゃしない!居るか!ってなりません?女性から見ても、女性を幸せにするのは男性だけじゃないでしょ!って思ってしまうんですよねー。いや、同性愛とかそういう事じゃなくて、男という存在だけじゃないと思うんだよね。子供だったり、仕事だったり、家族だったり、勉強だったり、趣味だったり、色々あると思うのですよ。女の幸せ、男だけじゃないでしょ。ってね。そこが浅はかかと。特にジャンというキャラクターをキャリアウーマンで男は今の所...っていう風にしたのなら、そのまま突き進む女性が居てもいいと思った。あっさりしているんだよね、あの描写。娘と分かり合えた部分だけで良かった。

とは言え、タイラー・ペリーのこの手の作品に需要があるのは、やっぱり王子様的な男性を待つ女性が多いって事もある。子供だけ作っていなくなるパターンは、今でも多いし、シングルマザーの大変さは大きな問題。だからこそなんだよね、問題解決は男性の出現だけじゃないよ!とも描いて欲しかったのは。

と酷評だけするのもアレなので、良かった事を書きますと... ニア・ロングの息子役は、実の息子のマサイ君!この子は絶対に将来有望なハンサムになる!!って期待させる子でしたね。

って、タイラー・ペリーは長いこと密月だったライオンズゲートから切られて、映画の次回作が決まっていないんだよねー。ここ10年では初めての事じゃないかな?毎年2-3本作ってたからね。まあ取りあえず、友達のオプラ・ウィンフリーのTVチャンネルのお仕事はまだまだあるみたいですし、俳優としてなんとデビット・フィンチャー監督の『Gone Girl』に出演してますので、まだまだ安泰だとは思いますが... 他の監督作に出て、別の角度から学んでみるのがペリーには今一番いい事なのかも!

感想やあらすじなどはこちら

(2.5点/5点満点中:9/1/14:DVDにて鑑賞)