SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Get on Up / 日本未公開 (2014)

Cast >> Chadwick Boseman (James Brown), Nelsan Ellis (Bobby Byrd), Jill Scott (Deidre "Dee-Dee" Jenkins), Tika Sumpter (Yvonne Fair), Viola Davis (Susie Brown), Octavia Spencer (Aunt Honey), Keith Robinson (Baby Roy) ...
Director >> Tate Taylor
Writer >> Steven Baigelman, Jez Butterworth, John-Henry Butterworth
Producer >> Brian Grazer, Erica Huggins, Mick Jagger, Victoria Pearman
Genre >> Biography
Country >> USA
Release (US) >> 08 / 01 / 2014

総合ポイント 4.25点/5点満点中
内容 >> 4 演技 >> 5 演出 >> 3 音楽 >> 5

"Try me, and your love will always be true"
1988年ジェームス・ブラウンチャドウィック・ボーズマン)は、自分の会社でミーティングが行われていた所、誰かがトイレを使った事に腹を立てた。トラックに積んでいたショットガンを取り出して、天井に向かって発砲してしまう。警察のサイレンを聞き、車に戻るブラウンは、それまでの事を思い出していた... ベトナムにコンサートに行った事、刑務所のコンサートでボビー・バード(ネルサン・エリス)に会った事、そして松林の中にある家に住んでいた小さい頃の記憶...

説明なんか要らない筈である「ゴッドファーザー・オブ・ソウル」ジェームス・ブラウンの自伝映画。『42』でもジャッキー・ロビンソンというレジェンドを演じたチャドウィック・ボーズマンジェームス・ブラウン役に抜擢。まずこれが大成功の始まりであった。あの唯一無二なユニークな個性と誰にも真似出来ない才能の持ち主であるジェームス・ブラウンを演じられる俳優がどこに居るのだろう?と思っていたが、びっくりする位にジェームス・ブラウンそのものなのであった!あのユニークな個性にステージでの情熱、そして「宇宙一のミスター・俺様」なジェームス・ブラウンのエゴの全てを包み込み、ジェームス・ブラウンを演じきっていた。そしてそんな俺様ジェームス・ブラウンを支えた「宇宙一のサイドキック」ボビー・バードの存在がこの映画の良心であった。その2人の愛憎劇を中心に描いたのも面白かった。ただブラウンのファンとしては、あれもこれも入れて欲しかったという注文や、あそこは違うねという部分が多少あるのが寂しい部分ではある。

チャドウィック・ボーズマンが見事な「ミスター俺様」を蘇らせてくれた。物語は多少の違いはあれど、あれは我々の知る「ソウル・ブラザー・ナンバー・ワン」で、「ショービズ界一の働き者」で「キング・オブ・ファンク」で、そして何よりも「ゴッドファーザー・オブ・ソウル」であった。

(8/1/14:劇場にて鑑賞)