SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

When Hell Freezes Over, I'll Skate / 日本未公開 (1979) (TV) 884本目

これは以前からハマっているPBSで放送したブロードウェイ劇のひとつ。正直、これはあんまり期待していなかったのだけど、実はこれが今までで最強かもしれん...

有名な黒人詩人の詩を詠ったり、踊ったり、歌ったりする舞台。男女4人ずつ計8人が出てくるのだけど、特にがっちりと決まった枠内の物語は無いが、南北戦争から今に続く詩が詠まれていきます。と書いても何の事かさっぱり理解してもらえないと思う。ミュージカルとも違うし、同じような詩が詠まれコレオポエムと言われた「For Colored Girls Who Have Considered Suicide/When the Rainbow Is Enuf / 日本未公開 (1982)」とも違う、独特な世界。とは言え、近寄り難さもない。でも前衛的で新鮮。とにかくこのオリジナリティある世界に引き込まれてしまいます。私、平成元年(って事は23年よ!)からの大親友に「昔から詩人的」とついこの間言われました。私、詩が実はひじょーに好きなんですね。学生時代は「字数が少なくて読みやすいから」という最低な理由で読み始めたんですねー。もうバカ丸出し。でもその少ない字数に詰まっている意味や、リズム等にハマってしまったのです。やっぱり一番好きなのがラングストン・ヒューズ(普通)なんですが、実はバイロンも好きです。恋愛バカでもあるのでね。ラングストン・ヒューズだけでなく、ポール・ローレンス・ダンバーにニッキ ジョヴァンニ、サム・グリーンリー(The Spook Who Sat by the Door / ブラック・ミッション/反逆のエージェント (1973)の作者)、サウンドラ・シャープ(タイポじゃないです)、カウンティー・カレン、ジュリアン・ボンド(NAACP)等、総勢様々な分野で活躍する14人の詩がこの舞台で詠まれます。

8人の俳優の中には「Blankman / ブランクマン・フォーエバー (1994)」のLynne Thigpen (リン・シグペン)や、私的にはTVシリーズ「Family Matters」のカール・ウィンズロー役なのですが、一般的には「ダイ・ハード」の一番最初でブルース・ウィリスをトランシーバーで助けた警官役でしょうか...Reginald VelJohnson (レジナルド・ヴェルジョンソン)が出てます。でもメインは双子のクリーヴァント・デリックスとクリントン・デリックス=キャロルの2人。一人はルーサー・ヴァンドロスみたいな声で歌ってくれます。この舞台の音楽もこの双子が担当。非凡な才能を見せ付けてくれてます。リン・シグペンが結構歌えるのもびっくり。

重い感じに思えるかもしれませんが、そんな事全然無い。最後の方でディスコ調の曲になると、コミカルになったりします。全然飽きさせない演出。この舞台で読まれたラングストン・ヒューズの「Note on Commercial Theater」にこめられた思いが、この舞台で実現しているのです。黒人のブルースがジャズ等がいつの間にか有名となってブロードウェイで歌われて、音楽の本質が歪められた哀しさをヒューズは、「いつか誰かが立ち上がり、私の事を話してくれるだろう、そして私の事を書いてくれるだろう...黒人で美しく...そして私の事を歌ってくれるだろう、そして私の事を舞台にしてくれるだろう!それは私自身なのだ!そうさ、それは私自身」...と詠った。この舞台は黒人で美しく歌われた、そういう舞台なのです。

感想等はこちら

(5点満点中;DVDにて鑑賞)