SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Rude Boy: The Jamaican Don / ルードボーイズ (2003)

Cast >> John 'Ras Kidus' Cornelius (Rhino), Mark Danvers (Julius St. John), Beenie Man (Don Crown), Ninja Man (Gargon), Michael Taliferro (Biggs), Jimmy Cliff (Wise Man), Darrel Heath (Lorenzo), Anita Kopacz (Shawnette), Raphael Saadiq (Slick) ...
Director >> Desmond Gumbs
Writer >> Desmond Gumbs
Producer >> Susan Crank, Bentley Kyle Evans, Nile Evans, Trenten Gumbs
Genre >> Action
Country >> Jamaica

総合ポイント >> 3/5点満点
Contents >> 3 Performance >> 3 Direct >> 3 Music >> 3

Jamaicans in the Hood
ビックス(マイケル・タリフェロ)は、ロサンジェルスで表は音楽プロデューサーとして活動し、裏ではギャングのボスで多くの手下を使っていた。今度は麻薬取引で、ジャマイカのギャングと手を組もうとしていた。そしてLAのビックスの元まで麻薬を運ぶ役に選ばれたのが、レゲエ歌手として成功する事を夢見るジュリアス(マーク・ダンバーズ)だった。麻薬を持っていく代わりに、パスポートとLAまでのチケットを約束され、ジュリアスはLAに向かった。しかし仕事で中々稼げず、結局ビックスの手下となるが...

ジャマイカのギャングとロサンジェルスのギャングのクライム映画。悪はどこでも一緒である。場所が変わり、言葉が変わっても、悪は悪。同じである。アメリカならラッパーを目指す若者が、悪い者達に搾取されて使われれば、ジャマイカではレゲエ歌手になりたい若者が搾取される。そしてアメリカではこの手の映画にラッパーが出演する代わりに、この映画ではレゲエミュージシャンが参加している。昔からジャマイカの映画はレゲエ歌手が演じる事が多かったので、そのルーツに沿ってはいるが、主役のジュリアスを演じた俳優は俳優が本業。今後、ジャマイカの映画産業も発展すれば、もっと面白くなる可能性は秘めていると感じた。

内容は、アメリカで90年代に多産されたクライム映画となんら変わりはない。流れる音楽が、ラップかレゲエか...

(3/4/11:DVDにて鑑賞)