SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Hot Tub Time Machine / 日本未公開 (2010)

Cast >> John Cusack (Adam), Rob Corddry (Lou), Craig Robinson (Nick), Clark Duke (Jacob), Crispin Glover (Phil), Lizzy Caplan (April), Chevy Chase (Repairman) ...
Director >> Steve Pink
Writer >> Josh Heald, Jarrad Paul
Producer >> Matt Moore, John Cusack, Grace Loh, John Morris
Genre >> Comedy
Country >> USA

総合ポイント >> 4.5/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 4 Direct >> 5 Music >> 5

It's totally 80's, dudes!
2010年、ニック(クレイグ・ロビンソン)は犬専用のスパで働き、アダム(ジョン・キューザック)はまた彼女に振られた。そして2人の親友ルー(ロブ・コードリー)は、酔っ払って家の車庫でエンジンをかけたまま熱唱していた。車庫が閉まっていたので、ルーは病院に担ぎ込まれて、医師からは自殺未遂したと疑われた。ニックとアダムが病院に呼ばれ、3人が今までで一番の時を過ごしたスキー場リゾート地に行く事にした。アダムは妹の息子でアダムの家の地下で暮らしているジェイコブも連れていった。4人は酔っ払ってホテルのお風呂に入った所、朝起きたら彼等は1986年にタイムスリップしていたのだった...

アラフォーの3人が19歳だった時にタイムスリップしてしまうコメディ。タイトルもポスターも実に魅力を感じない作品だが、これは80年代にゆかりのある人にはたまらない作品だ。80年代映画で青春を迎えていた私には、あのデッカイラジカセ持たせたら一番切ない男ジョン・キューザックが80年代に戻ってしまうだけでノスタルジックである。そして80年代と言えば「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のクリスピン・グローバーが暴れたい放題である。彼が実にいいタイミングで出てきて、出てくる度に大笑いしてしまった。

彼等がドタバタを繰り返す度にあの80年代を思い出す。MTV世代のあの陽気な80年代が一気に甦ってくる。この映画のラストといい、これこそが80年代!

(12/09/10:DVDにて鑑賞)