SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

That Awkward Moment / 日本未公開 (2014) 1237本目

成功を約束されているであろう羨ましい名前マイケル・ジョーダンであるマイケル・B・ジョーダンが出演のコメディ。マイケル・B・ジョーダンは本当に注目株。これからもっともっと名前を聞く事になるであろう若手。私も本当に今後が楽しみにしている俳優の1人。それに「ハイスクール・ミュージカル」の頃に比べるとちょっとだけ丸くなったかな?でもそれでも2枚目なザック・エフロンと、ジョン・キューザックの80年代の生き写しのようなマイルス・テラーの3人が主役。

極寒2月のニューヨーク、しかも深夜にジェイソン(ザック・エフロン)は4時間も公園のベンチに座っていた... 時は数ヶ月前に戻り、ジェイソンは別れを切り出されていた。しかしジェイソンの方は付き合っていた自覚もなかった。ジェイソンにとっては所謂セフレであった。一方ジェイソンの親友であるマイク(マイケル・B・ジョーダン)は、妻がモリス・チェスナット似の男と浮気しているのに出くわし、離婚を言い渡された。ジェイソンと友人のダニエル(マイルス・テラー)は、励まそうと「独身時代の頃のように飲もう!」と誘う。しかしマイクは家でアイスクリーム食べていたい...と乗る気ではなかった。マイクも独身になる事だし、恋人を作らずに3人でもっともっと独身時代を楽しもうぜ!と誓いを立てる3人。そのバーで、ダニエルはいつもように女友達チェルシー (マッケンジーデイビス)を使ってナンパ、そしてジェイソンはエリー(イモージェン・プーツ)と出会い意気投合し一夜を過ごした。肝心のマイクはメガネっ子と出会い、電話番号を貰ったが掛ける気は全くなかった。3人は誓いを守ることが出来るのか?

まあね、なんか書くと独身男たちのきままなコメディって感じだよね。私も途中までそのように思いながら見ていた。所が、ザック・エフロンが玩具のチ×チンを丸出しでジーンズにつけていた辺りから、その考えは一転した!というか、正式に言えばそのちょっと前にその玩具のチンチ×を買いに行った如何わしいお店でザック・エフロンとマイルス・テラーが「お前がゲイだったら、お前は俺と付き合うか?」という会話辺りから一転した!「付き合わねーよ!」と返されて怒るんだ。そんなたわいも無い男同士の会話が面白い。ザック・エフロンがこのタイトルになっている「その心地悪い気まずい間」を作るのが非常に上手かった。マイルスと、マイケル・Bと、そして相手役に、出版社の上司に...と、気まずい間を沢山生んでいた。何ていうか空気読めない奴なんだけど、悪い奴じゃない。悪気がある時もあるけど、基本悪い奴じゃないからね。

そしてマイケル・Bが「あいつ○○に似ている」とやたらと有名人に例えるのも面白い。他の2人は黒人じゃないから、黒人俳優ではピンと来ない。モリス・チェスナットの時にもマイルスは「誰?」っていって、「Boyz N The Hood / ボーイズ’ン・ザ・フッド (1991)」のリッキーだよ!っていうと、あーー!ってなるのが面白いね。「リッキー、最高だよねー」と。そういう普通の会話が面白い。そしてその感じが最後のエンディングロールで、おまけのサプライズに利いてくる!あの人がー!って、マイケル・Bが以前に共演しているのでその関係だろうね。という訳で、最後まで見逃せません!

という事で、マイケル・Bが他の2人の白人と親友っていうのも、説得力があるよね。ドナルド・グローバーもそうだけど、最近の若い子(もちろん俳優も含めて)って、そういう雰囲気がある。そういう雰囲気を作るのが上手いというか... と言っても、「あいつすっかり白人にセルアウトしたな!」と黒人側にも思わせない雰囲気ね。やっとそういう時代になったのか...と、思ったり。

この3人の普通さが自然で面白い。まあ最高に面白い!!って訳じゃないけど、そこそこ面白いね。イモージェン・プーツの雰囲気もあって、あの公園のシーンは中々やるなって思わせて、ちょっとだけ小洒落た感じのラブコメとして楽しめる。

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(3.75点/5点満点中:5/16/14:DVDにて鑑賞)