SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Paperboy / 日本未公開 (2012)

Cast >> Zac Efron (Jack James), John Cusack (Hillary Van Wetter), Matthew McConaughey (Ward James), Nicole Kidman (Charlotte Bless), David Oyelowo (Yardley Acheman) ...
Director >> Lee Daniels
Writer >> Peter Dexter
Producer >> Ed Cathell III, Lee Daniels, Cassian Elwes, Hilary Shor
Genre >> Thriller
Country >> USA

総合ポイント >> 4/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 4

Raw, raunch, southern gothic with new twist
ジャック(ザック・エフロン)は、大学を中退して父の経営する新聞社で雑務をしていた。そこに兄で「マイアミ・タイムス」でリポーターをしているワード(マシュー・マコノへー)が同僚のヤードリー(デビット・オイェロウォ)を連れて地元に戻ってきた。彼等は地元で起きた事件を詳しく捜査するつもりだった。彼等はヒラリー(ジョン・キューザック)という男性が、シェリフ達によって冤罪により監獄に居ると信じていたのだった。そのヒラリーとは面識がないが、文通によって知り合い婚約までしているシャーロット(ニコール・キッドマン)の助けを借りようとしていた。ジャックはそのシャーロットに恋をしてしまったのだった。その全てを知るジャックとワードの実家でメイドをしているアニータ(メイシー・グレイ)が、淡々と語っていくのだった…

「プレシャス (2009)」でオスカーの監督候補にまでなったリー・ダニエルズ監督の最新作。こちらはカンヌ映画祭に出展したが、結果は散々だった。しかし、今までの制作を含めたダニエルズ作品から察するに、ダニエルズは自分の作りたい映画をようやく「プレシャス」から作れるようになったと感じた。生々しく粗野で後味の悪さが、非常に映画の内容と同様に気味悪かった。足を踏み入れてしまった事への後悔、だけどやっぱりどうなるのか気になる人の心理を上手く利用された。60年代とか70年代の「パトリシア・ハースト誘拐事件」のような奇妙でやっかいな事件を聞いた時と同様の精神的苦痛を感じる。そして忘れたいけど忘れられないという粘りこさも感じる。どうも劇中の映像が脳裏にこびりついてしまうのだ。ジャックという青年が大人になる部分を描いたからこそ、その気持ち悪さが倍増してしまう。決していい思い出なんかじゃない。

フロリダ南部の独特な湿気と熱気を映像で感じる。華やかさの影にある闇。暑さとジメジメとした熱気で眠れない夏を思い出す。けど思い出した夏は決して楽しかった思い出ではない。人間誰にでもある影のような嫌な1日。

(11/14/12:劇場にて鑑賞)