SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Hot Tub Time Machine 2 / オフロでGO!!!!! タイムマシンはジェット式2 (2015) 1373本目

Hot Tub Time Machine / オフロでGO!!!!! タイムマシンはジェット式 (2010)』の続編。前作は割りと大好き。80年代の描写がユルユルで、しかも登場人物がキャラ濃くて楽しかった。クリスピン・グローバー使いがもう最高でしたよね!!ああいう感じが『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の頃から本当に上手い!!という訳で続編を。

ルー(ロブ・コードリー)は、「モトリー・ルー(モトリー・クルーのぱくり)」と「ルーグル(グーグルのぱくり)」を当てて億万長者となっていた。ニックは「MMMBop(ハンソン兄弟の)」の大ヒットなどで、大人気のミュージシャンで成功。ジェイコブ(クラーク・デューク)はルーの息子としてなぜかルーの執事になって働かされていた。アダム(ジョン・キューザックだが出演なし)は、「ジャクージー・タイム・ロード」というタイムマシン系の小説で大人気となったが、今はルーとニックの元から姿を消していた。ルーグルで独裁者的に経営していたルーは、自宅で開いたパーティで何者かにショットガンで股間を撃たれた。ルーを救おうとするジェイコブとニックは、無くなったと嘘ついていたルーが隠し持つお風呂型タイムマシーンで過去に戻ろうとした。しかし彼等が辿りついたのが、2025年の未来だった。そこでアダムの家にやってくると、そこに居たのはアダムの息子アダム(アダム・スコット)だった。そのアダムを連れて3人はルーの股間を撃った犯人を見つけだそうとするが...

と、またもや『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を緩くカバーしている。『BTTF』の続編も未来に飛んだからね。同じ。未来はどうなっているんだろう?とか、未来と今のギャップみたいのが面白いはずではあるんだけど、『BTTF2』程じゃないんだよね。それよりも未来でなぜかクリスチャン・スレーターが司会していた番組「Choozy Doozy」が恐ろしいよね!いまでも十分にくだらないリアリティ番組の末路があの番組な気がして怖くなったよ!そのシーンは下品過ぎちゃって、私には笑えませんでしたけど。

ジョン・キューザック不在を上手くカバーしているのは面白かった。キューザックの不在をどうするのか気になっていたので。全く触れずに居なかった事にするのか、どうかも気になったので。まあ代役的な人を立てて触れてますね。私が観たのは通常バージョンだから居なかったけど、アンレイテッドバージョンではキューザックがカメオ出演しているみたい。チェビー・チェイスもまたもや出演してくれている!

セント・ニコラス・ケージ病院とか細かいジョークは沢山あったけど、前作よりは切れ味無いかなー。クリスピン・グローバーも居ないし!

今回はHPに登録していないので、IMDBでどうぞ

(3点/5点満点中:6/12/15:DVDにて鑑賞)