SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Death Of A Snowman / 日本未公開 (1978) 817本目

南アフリカ産のブラックスプロイテーション映画。珍しいでしょ?最近になって正規版がDVDとなって登場。ブラックムービーを愛するコミュニティではちょっとした話題になりました。早速私も買いました。コアなコミュニティの間で話題になるだけあって、さすがに面白い!

主役は当時から世界的スターだった南アフリカの俳優ケン・ガンプが演じるスティーブ。彼が新聞記者を演じている。もう一人の主役が、白人の刑事のディール。南アフリカヨハネスブルクでは、ギャング達が何者かによって殺されるという事件が続く。担当しているのがディール刑事で、いつも現場にすぐに現れるのがスティーブ。2人は前々から事件について協力し合う仲でもあり友人でもあった。スティーブの書いた記事を見て、犯人グループが接触し独占記事を書かせる。「ウォー・オン・クライム」というグループだと言う。街の悪い者達を始末していく彼らは、アンチヒーロー的扱いを受けるが、スティーブとディール刑事には何かしっくり来なかった。捜査をしていくと...

という感じなのですが、上にも書いている通り、普通ーーーなブラックスプロイテーションでしょ?ロサンジェルスとかニューヨークが舞台でも全然違和感無い。いや、さすがに風景とかで畑とか出てくるので、ニューヨークは無理かな?でもロサンジェルスならそれでも全然違和感無い。アパルトヘイト真っ只中の南アフリカで、それについての言及が一切無し!だって、この頃一番アパルトヘイト撤退に向けて動いていた時期ですよ。ソウェト蜂起が1976年で、それから運動が活発化していき1980年代に突入。一番敏感な時だったと思うのです。でもこの映画は「アパルトヘイト」の言及をせずに、それに寡黙に討議している感じを受けましたね。アパルトヘイト政策時代の1950年にシドニー・ポワチエが「Cry, the Beloved Country / 泣け!愛する祖国よ (1951)」を撮影している時に、ヨハネスブルク市内のホテルには泊まれる事が出来ずに、毎日何時間も掛けて車で通わないとダメだったと言っている。そんなアパルトヘイト時代に、この映画はケン・ガンプ演じる主役と、白人の刑事は互いに協力し合うのですよ。しかも同等の立場で。白人刑事は決して上から目線じゃないのです。更に言えば、悪役達も黒人と白人の両方。白人の悪役は黒人に雇われている感じ。さらにさらに、黒人から白人が脅されるなんて場面も。口すっぱくして言いますが、アパルトヘイト時代ですからね。ネルソン・マンデラはまだ監獄ですからね。

でもそれだけじゃないのです。ケン・ガンプ演じるスティーブと親との関係の種明かしとか、エンディングの車のライトとか、さらにエンディングクレジットとか、アメリカのブラックスプロイテーションでも出来なかったようなお洒落なカッコ良さ!ちなみにDVDジャケットで銃を持っているフラワーチルドレンみたいな白人の役者が脚本も担当している。

最近はこういう誰もまだ見てないのに面白い作品に出会えると、よだれ垂らしてゾクゾクしちゃう自分が居ます。ブラックスプロイテーション的面白さと、ブラックムービー的面白さの二つを兼ね備えたこれは本当に良作!!!

感想やあらすじはこちら

(4.75点/5点満点中:DVDにて鑑賞)