SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Hope & Redemption: The Lena Baker Story / 日本未公開 (2008) 759本目

見たかったんですよね。主役のティチナ・アーノルドはどうもコメディの要素が強い女優。クリス・ロックの中学の頃のブルックリンでの思い出をTVシリーズ化している「Everybody Hates Chris」のクリス・ロックのママ役は当たり役。その前の90年代にはマーティン・ローレンスの大ヒットTVシリーズ「Martin」のティーシャ・キャンベルの親友役でも有名。どちらの役もコミカルでいつも大声で怒鳴って怒っているような役。でも今回は本格的なドラマ作品。タイトルになっているレナ・ベイカーはジョージア州にて女性として初そして唯一の死刑囚となった人。生まれた時から貧乏で、母は洗濯や小間使いをしてレナを食べさせる。レナも小さい頃からコットン畑でコットン摘みをしていた。体が成長すると、悪い友人と共に所謂売春をして稼ぐようになる。そして見つかって逮捕され、かなり厳しいと有名な刑務所生活も体験。しかし、刑務所を出てからは母の世話により改心。3人の子供に恵まれて育てる。しかし学業もまともにしてなかったし、田舎なので仕事もなく、レナが昔捕まった事をみな知っている。そこに訪れたのが、白人のマックスという男。マックスの父アーネスト(映画ではエリオット・アーサー)は足が悪く誰かから面倒を見てもらわないとならない。しかし、アーネストは街でも有名な意地悪で面倒な男。誰もその仕事を引き受けない。そこでレナにその仕事を持ちかける。しかもいい賃金で。所がアーネストは評判以上の悪い男で、アルコールを使ってレナに性交渉を強要する。レナも弱い部分につけ込まれてしまう。

まあー、所謂悪循環でレナは最悪な状況にはまっていくんですね。しかも最後には死刑囚となってしまうんですから... たまにニュースになる誘拐して長い事閉じ込められるというああいう事件の問題点をよく突いていたと思います。

これまたティチナ・アーノルドと母を演じたビバリー・トッドがいい演技で見せてくれますねー。最悪な男を演じたピーター・コヨーテも素晴らしい。父は息子マックスにかなり抑圧されているんです。反対の父が息子を抑圧するのは良くあるパターンですが、これは違う。老人問題ですね。じゃま者にされてしまってる。だからこそ、レナが来た時にアーネストは歪んだ欲情を発散させてしまい固執する。そしてレナは黒人で女性そして元犯罪者という弱い立場を利用されてしまう。

この映画の制作・監督・脚本を担当したのが、ベテラン黒人俳優のラルフ・ウィルコックス。俳優としてはベテランだが、監督・脚本・制作は初めて。俳優としてはオシー・デイビス監督の「Gordon's War / ゴードンの戦い (1973)」でデビューし、「The River Niger / 日本未公開 (1976)」や後は主にTVで活躍しているベテラン。今回は刑務所のバーの使い方が上手いですね。

映画はあくまでもレナ・ベイカーを中心に同情的描かれており、こういう映画ではどうしても白人VS黒人で、白人の男性が悪者扱いされてしまうが、今回は別の白人男性の描き方が上手かったので、白人男性=悪者になっていない部分は上手かった。またレナ・ベイカーに関わった白人家族は配慮からか、名前は変えられている。

ちなみにこのレナの事件は後の2001年にジョージア州から元の死刑判決は差別によるものだったと恩赦を受け、また2005年にはこの事件は殺人ではなく過失致死罪で15年の禁固刑が妥当だったと発表されている。となると、本当にラストのシーンは胸が張り裂ける思いです。アメリカの歴史の怖い所は、こういう物語がまだまだゴロゴロしている所。レナだけじゃないんだな。黒人だからって理由で殺されたのは... きっと記録にも残ってない無数の人々が居るんですわ。この映画の中ではやたらと聖書にあるゴリアテの話が出てくる。黒人にとっての小石は真実。切ないわー。

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4.5点/5点満点中;DVDにて小石を握り締めながら鑑賞)