SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Mississippi Burning / ミシシッピー・バーニング (1988) 1378本目

公民権運動の映画っていうと、白人の人々はこの映画を好んで挙げるよね。まあなんていうかそういう映画だよね。っていうのを説明したいよね。これも書いてなかったので。

黒人用・白人用の水飲み場が別れている所...1964年ミシシッピー州。白人男性2人が運転席と助手席に居て、黒人男性1人が後部座席に座っていた。その車は夜道を走っていた。するとどこからか後続する車が数台居た。煽ってくるので、運転手はどうぞ抜かしてくださいという合図をするが、その数台の車は抜こうとはしない。パトカーもその中に居るので何かおかしいと気づき、逃げようとするが追ってくる。彼等は捕まり、3人とも無残に射殺された。そして時が経ち、ミシシッピーに車で向かうウォード捜査官(ウィレム・デフォー)とアンダーソン捜査官(ジーン・ハックマン)。若い熱血漢のウォードが指揮官で、南部出身のベテランのアンダーソンがパートナー。彼等は行方不明となっている公民権運動家3人を探すためにFBIからやってきた。保安官の所に向かうが、保安官は門前払い。2人はダイナーに向かうも、綺麗に黒人と白人とで座席が別れていた。地元の人々はすぐにウォードとアンダーソンがよそ者だと分かり、シーンとする。しかもウォードはズカズカと黒人席に座り、事件の事を聞こうとする。聞かれた黒人男性は何も言わない。しかしその後、その黒人男性は白人たちに襲われる。ウォードは南部の事情など分からないのだ。そして彼等が泊まっていたモーテルに、焼かれた十字架が立っていたのだった...

ミシシッピーのネショバ郡で起きた公民権運動家3人が殺された事件を映画化。実際にFBIから来た2人の捜査官を主役に描いている。人物の名前は変えられている。捜査官側も犯人側も。タイトルの『ミシシッピー・バーニング』はFBIがこの事件につけた名称「MIBURN」(MI - ミシシッピ)と(BURN - バーニング)から。映画は北部から来た熱血漢でヒロイックなウォード捜査官と、南部出身で南部の事情を良く知るベテランのアンダーソン捜査官が衝突しながらも協力して事件を解決していく...と、ハリウッドでは良くあるタイプの凸凹コンビのサスペンス仕立ての映画。さすがアラン・パーカー!という感じで、南部の情景が美しくて素晴らしい。南部そのもの!という感じ。ミシシッピー州花であるマグノリアの香りさえ感じる画力。熱血漢の若いデフォーとベテランのハックマンも最高の演技を見せてくれている。やっぱりこの2人は好き。さすがだ。

が、しかし...アンダーソンと容疑者の妻のロマンス要らなくないかい?私は奥さんの辛気臭さにイラっとしましたわ。アカデミー賞にノミネートされたのが信じられない!女性のああいう男に依存する描かれ方大嫌い!アンダーソン捜査官のモチベーションが途中からそこになったのが残念。彼の場合、南部出身だからね、余計に正義心で捜査して欲しかった。そして公民権運動の物語なのに、黒人の姿が殆どない!いや、黒人への酷い仕打ちは良く表現されていたと思う。ウォードを話さなかった黒人が後で白人にやられる。話さなかったのに!だ!!でもその内側にある黒人の心情など、黒人側が全く見えない。なんか少年たちだけが勇気があったのも不思議。北部からやってくる黒人FBI捜査官にも違和感。あの時代、居ないもん。だってFBI長官のJ・エドガー・フーヴァーが無類の黒人嫌いだからね。そこを足すなら、現地の黒人側の気持ちとかヒロイックさを足して欲しかった。

まあでも白人側の意識とか心情を知るのには良い。だから白人が好む。自分たちの姿があるから。黒人はなぜスルーするのか?それは同じ理由で自分たちの姿がないから。ラストは70年に黒人ヒーローが活躍したブラックスプロイテーション的なお仕置きが待っている。でもブラックスプロイテーションは低予算の弱小プロダクションの作品だった。やっぱりこの80年代もまだまだ黒人が主役で...というのは無理だった。というのをひしひしと感じてしまうのです。この2年後にTV映画ですが、同じ事件が映画化された『Murder in Mississippi / マーダー・イン・ミシシッピ/炎の十字架 (1990) (TV)』の方をおススメしますね。こちらは事件の被害者となった3人が事細かに描写されております。確かにこの映画ほど美しい絵とかはないけどね。

感想やあらすじなどはこちら

(3.75点/5点満点中:6/15/15:DVDにて鑑賞)