SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Ragtime / ラグタイム (1981)

Cast >> James Cagney (Commissioner Rheinlander Waldo), Brad Dourif (Younger Brother), Moses Gunn (Booker T. Washington), Elizabeth McGovern (Evelyn Nesbit), Howard E. Rollins Jr. (Coalhouse Walker Jr.), Debbie Allen (Sarah), Frankie Faison (Gang Member No. 1), Samuel L. Jackson (Gang Member No. 2), Ted Ross (Lawyer), Jack Nicholson (Pirate At Beach) ...
Director >> Milos Forman
Writer >> E.L. Doctorow (novel), Michael Weller
Producer >> Dino De Laurentiis

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5

Time will tell
20世紀を迎えたばかりのニューヨーク。移民が街に溢れ賑わっていた。マジソンスクエアに女性の裸像が立つが、ソウという男が一人怒っていた。その像は自分の妻エヴァリンがモデルで設計したホワイトの元恋人だったからだ。そんな中、街角でシルエット紙切りで生活をしていたのが移民のターテだった。妻の浮気を知り、娘とフィラデルフィアに向かった。一方、ニューヨーク郊外のニューロシェルに住む一家のいつも通りの静かな筈の食事が、大騒ぎとなっていた。黒人の赤ちゃんが彼等の敷地内で発見されたのだった。すぐに赤ちゃんの母親サラ(デビー・アレン)が捕まったが、その家の母(メアリー・スティーンバージェン)によって助けられた。直にクラブでピアニストをしているコールハウス・ウォーカー(ハワード・E・ロリンズ)が家を訪れ、マンハッタンではホワイトがソウの銃によって殺されたのだった...

ニューヨークの壮大な歴史ドラマである。ハーレムがハーレムになりつつある時代、そして既にニューヨークが今のような大都市になりつつある時代... きっと一番活気が溢れていた時代であった事は映画でも容易に察する事が出来る。今のように様々な人々の英語訛りが飛び交うとのはまた違って、その自分達の母国のそのままの言葉が飛び交うニューヨークの街角。そこに実際にあったスキャンダルな事件を取り入れて、上手いこと歴史ドラマにしている。ブッカー・T・ワシントンが出てきて、作り話とリンクしていくのも面白い。そしてそれだけでなくて、沢山の実在した歴史上の人物とこの作品で作られた役とが上手くリンクしていく。それによってあの当時が見えてくる。原作とは違い、後半はコールハウス・ウォーカーが中心となってくる。そこからが断然に面白くなってくる。前半では物語を伝える才能あるピアノマンだったウォーカーが、車をダメにされた事で立ち上がる。ハワード・E・ロリンズの立ち振る舞いが素晴らしく、映画がよりドラマチックになっていく。

20年近く引退していた名優ジェームス・キャグニーがこの映画に特別出演している。20年眠っていたキャグニーの俳優魂に、この映画は何か火をつけた。時代の変化、時の流れ... この映画は時・時代...そして歴史が何かを知らせてくれる大作。

(7/28/10:DVDにて鑑賞)