SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Trois / 日本未公開 (2000) 748本目

正直言って、このオリジナル作品にはあまり興味は無かった。この続編「Trois 2: Pandora's Box / 日本未公開 (2002)」が見たかったから、とりあえず先にこのオリジナルを見た。それまでだ。なんでそんなに続編を見たいかって?そりゃーーー、エロいマイケル・ジェイ・ホワイトが見たいからに決まってるじゃん!

と、このシリーズはちょこちょこっとBETで放送している時に見かけて少し見た事もある。タイトルからしてエロいという印象なのですが、実際にはそんなにエロくもない。多分がっかりするよ。エロさを期待すると。

このオリジナルの主役は、Gary Dourdan (ゲイリー・ドォーダン)。男前俳優の1人。元々はモデル...と思ったでしょ?ボリス・コドジョーとかタイリースなんかの男前俳優は元モデルなんだけど、ゲイリーは違うんだな。モデルは関係なくもなく、当時のガールフレンドで後に妻となるロシュンバ・ウィリアムスがモデル。彼女の付き添いで色々な場所に行った時に、デビー・アレン(この↓の映画感想のラグタイムにも出てる)にスカウトされたのがゲイリー。スカウトされて芸能界入りというのは、アメリカでは殆どないパターンで珍しい。厳しい世界だから、それなりに大きな夢をもってガツガツしてないと中々成功は出来ませんからね。でもそれ位の魅力が彼にはあったんですよね。最近では「Black August / ブラック・オーガスト/獄中からの手紙 (2007)」なんていう硬派な社会派でも活躍。成長したなー。

で相手役はケンヤ・ムーア。彼女はミスコン出身。ミス・USAやミス・ユニバースにも出場し、ミス・ユニバースでは最終まで残ったスーパービューティですね。最近では映画の出演だけでなく、制作まで手がけてます。そしてアラフォーながら、最近でもまたグラビアをやったりと美しさは健在

という2人の美男美女がソフトなエロを披露している映画がこれ。ゲイリー・ドォーダン演じる夫が、ケンヤ・ムーア演じる妻の生活は満たされているのだけど、何かちょっと足りない。そうだ、俺は昔から3Pがしたかった!と妻に告白。妻は最初はもちろん拒否。でも友達との会話で、1度だけなら試してみるか...と、夫が友人から紹介された女性(私好み)と共に経験。でもそこからサスペンスが始まる訳です...と、想像出来る内容でしょ?でもこれが以外とラストは想像出来ないですよ。なんだかんだと言って結構面白かったです。このインディペンデンス作品で注目を集めるようになったのが、制作のウィル・パッカーと監督のロブ・ハーディですね。ウィル・パッカーは今週末から公開の「Takers / テイカーズ (2010)」を手がけました。そしてウィル・パッカーとロブ・ハーディと言えば「Stomp the Yard / ストンプ・ザ・ヤード (2007)」もそうですね。

感想やあらすじはこちら

(3.5点/5点満点中:DVDにて鑑賞)