SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

Pray the Devil Back to Hell / 日本未公開 (2008)

Cast >> Janet Johnson Bryant, Etweda Cooper, Vaiba Flomo, Leymah Gbowee, Asatu Bah Kenneth, Etty Weah ...
Director >> Gini Reticker
Producer >> Abigail E. Disney
Genre >> Documentary

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 5 Performance >> N/A Direct >> 5 Music >> 4

Super Women
西アフリカに位置するリベリア共和国。ずっと内戦が続いており、銃声が響き渡っていた。女性はレイプされ、子供達は連れ去られて兵士として銃を持たされた。そんな中、立ち上がったのが女性達。彼女達は政府や反政府軍に対して、戦争を辞める様に立ち上がる。

女性は強い。本当に強い。この映画でつくづく自分達の強さに気がつかされた。愛する子供達が連れ去られ、そしてレイプという恐怖に、もう我慢ならない!と立ち上がった女性達。その女性達は宗教の壁を破り、クリスチャンもモスリムも一緒に戦争集結に向けて立ち上がる。その精神的、そして肉体的強さにただただ感動する。これ以上我慢できないという彼女達の悲痛な叫び。しかし彼女達はただ叫んだり泣いたりするだけじゃなかった。行動力を持ってそれを阻止しようとする。その行動力の素晴らしさが、余計に戦争のすさまじさを語っているようだった。彼女達が試みたのは、ガンジーキング牧師と同じ平和的解決。倫理的に勝っている彼女達に対して、他の国が手を差し伸べる。ガーナで行われた平和会議。それも最初の6週間は、実に内容のない話し合いばかりだった。そこでも彼女達は絶望しながら、「もうこれ以上許せない!」と最後の力強さを見せる。

リベリアは自国の名前の由来である「自由」とは長年反対方向に向かっていたと思う。しかし、自分達の女性の強さで勝ち取った「自由」の後の彼女達の姿は強さ故に美しい。リラックスしながら当時の語る女性達は活き活きしていて美しい。女性の本来の美しさを見た。

(3/23/10:DVDにて鑑賞)