SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Soul Power / 日本未公開 (2008)

Cast >> James Brown, Bill Withers, BB King, the Spinners, Miriam Makeba, Celia Cruz and the Fania All-Stars, the Crusaders, Muhammad Ali, Don King, Stewart Levine, Hugh Masakela, George Plimpton, Stokely Carmichael
Director >> Jeffrey Levy-Hinte
Producer >> Jeffrey Levy-Hinte, David Sonenberg, Leon Gast
Genre >> Documentary
Country >> USA

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 5 Performance >> N/A Direct >> 4 Music >> 5

Say It Loud
1974年、世界中が注目するモハメド・アリジョージ・フォアマンの一戦がザイールのキンシャサで行われようとしていた。そして同時に2人のプロモーターがジェームス・ブラウンやBBキングにビル・ウィザース等のアメリカの音楽を持ち込み、3日間に渡る音楽の祭典を企画した。そのドキュメント。

このイベントの主役は「ソウル」である。魂のある者がイベントに賛同して参加した。参加したジェームス・ブラウンは「これは素晴らしいムーブメントなんだ!」と目を輝かせる。ザイール(今はコンゴ)というアフリカの国に、アメリカの一流音楽家達が集まる。そこに至るまでのプロモーターの苦悩等も随所で垣間見れる。お祭りイベントで盛り上がる中、一番クールに装っているビル・ウィザースが一人スローな曲を歌い、そして「この気持ちを家に持ち帰りたいんだ」と話す。彼にとっての家とはアフリカでもあり、奴隷として先祖が連れて行かれたアメリカでもある。
音楽はふんだんに使われては居るが、それを期待した観客には少し足りなさを感じるかもしれない。

でもやっぱり主役はモハメド・アリかもしれない。彼がアフリカで記者達に語るシーンはやっぱり記憶に残ってしまう程に面白い。彼もまた熱い魂をもった人であり、パワー漲る人である。

(2/3/10:DVDにて鑑賞)