SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

モハメド・アリ

プリンスの悲しみからまだ涙が乾く前に、また偉大なヒーローがこの世を去った。

モハメド・アリ。ザ・グレーテスト、民衆のチャンピオン、GOAT。

ベトナム戦争での徴兵に拒否した事で王座をはく奪され、今では想像もつかない程のバッシングを受け、一番いい時期の3年間を奪われ復帰。そして敗北。しかしチャンピオンとしてまた輝いていく復活。モハメド・アリの場合はその言葉巧みな面白さもあって、人々を魅了していく。

映画を通じて、そんなモハメド・アリを振りかえる。

まずはモハメド・アリが描かれた伝記映画を観るのが一番手っ取り早いであろう。しかもアリにはアリがアリを演じている作品『The Greatest / アリ/ザ・グレーテスト (1977)』がある。しかもアリの側近の有名人バンディーニまで本人が演じている。この作品の素晴らしい所は、アリを客寄せパンダ的に使用したのではなく、飽くまでも忠実にアリの人生を描こうと、周りを固める俳優陣が豪華で堅実な点だ。アリのトレーナーであるアンジェロ・ダンディー役には、あの名優アーネスト・ボーグナインが演じている。そしてマルコムX役には、ジェームス・アール・ジョーンズという渋さ。
しかしアリ映画として一番有名なのは、やはり近年のウィル・スミス主演の『Ali / アリ (2001)』。ボクサーとしてだけでなく、人間モハメド・アリを忠実に描写し、最高にカッコいいヒーロー像を描いていた。それはウィル・スミスだから出来た事。女性たちを魅了していったアリの姿も描かれている。アカデミー賞にもノミネートし評価も興行成績的にも成功した。
そしてその『アリ』の成功を受けて出来たのが(公開はこちらの2作の方が先だが、『アリ』の成功を見越しての事)、『Ali: An American Hero / アリ/栄光への軌跡 (2000)』と『King of the World / モハメド・アリ KING OF THE WORLD (2000) (TV)』という2本のテレビ映画。

モハメド・アリは唯一無二な存在で、普段は堅苦しいドキュメンタリー映画でも楽しくさせてしまう存在だ。一番有名なのが『When We Were Kings / モハメド・アリ かけがえのない日々 (1996)』だ。アカデミー賞のドキュメンタリー賞も獲得した名作。本日のツイッターのトレンドにもこのタイトルが長い事ランクインしていた。だが私は『The Fighters / 日本未公開 (1971)』の方も強く薦めたい!黒人俳優でドキュメンタリー映画を撮り続けたウィリアム・グリーブス監督作。余計なものなど何もない、純度100%のモハメド・アリが堪能できる。モハメド・アリは黒人の同胞を愛し愛された。その関係性を強く感じる名作。その映画とアメリカで同時上映されたのが、日本の勝新太郎の制作会社が作った『Ali, The Man / モハメッド・アリ 黒い魂 STAND UP LIKE A MAN (1974)』。勝新太郎を破産させた作品だ。同じく70年代に作られたのが『A.k.a. Cassius Clay / チャンピオンへの道 (1970)』。
『かけがいのない日々』と『アリ』以降、モハメド・アリ映画は増え続ける。その『かけがいのない日々』の制作に携わった人たちが、「ランブル・イン・ザ・ジャングル」の音楽祭の舞台裏を追った『Soul Power / ソウル・パワー (2008)』も面白い。ジェームス・ブラウンが居ても埋もれない強烈で圧倒的なカリスマ性を感じる。スポーツ専門チャンネルESPN制作の『30 for 30』シリーズ第一期で作られた『"30 for 30" Muhammad and Larry / さらばモハメド・アリの時代 (2010)』は、モハメド・アリのキャリアの後期とバトンタッチをしたラリー・ホームズが描かれている。そんなアリと対戦した人々が語る『Facing Ali / フェイシング・アリ (2009)』も秀絶だった。秀絶と言えば『I Am Ali / 日本未公開 (2014)』と『The Trials of Muhammad Ali / 日本未公開 (2013)』が飛びぬけた秀絶なのだが、なぜか2本共に日本未公開。残念で仕方ない。『I Am Ali』は残されたテープと共に父親としてのアリの姿が垣間見られる人間的なドキュメンタリー。『The Trials of ...』の方は、ベトナム戦争の徴兵を拒否した事で受けたバッシングの数々などが明らかになっているドキュメンタリー。

と、モハメド・アリの人生は映画のようにドラマに満ち溢れていた。そしてその屈しない魂にみんなが熱くなった。黒人映画にはヒーローが居ないと言われている。でも黒人には本物のヒーローが存在していたのだ!スーパーパワーなんてない。死にもの狂いのトレーニングで手に入れた拳と魂。モハメド・アリというスーパーヒーローがアメリカにはいた。

May Allah have mercy on his soul(アッラーの御慈悲がありますように)