SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

41st NAACP Image Awards

期待の「Precious: Based on the Novel Push by Sapphire / プレシャス (2009)」が6部門にて受賞を果たした。まずは作品賞、そしてインディペンデンス部門の作品賞、ガボレイ・シディベが主演女優賞、モニークが助演女優賞、ジェフリー・フレッチャーが脚本賞リー・ダニエルズが監督賞とそれぞれ受賞した。モーガン・フリーマンが「Invictus / インビクタス/負けざる者たち (2009)」にて主演男優賞を獲得。ドキュメンタリー部門にはクリス・ロックの「Good Hair / グッド・ヘアー 〜アフロはどこに消えた?〜 (2009)」が選ばれた。

今回の6部門受賞が、オスカーでの追い風となるか??

観てました。何か2時間の中にキュウキュウに詰め込んだ感じの式典でした。最後の作品賞では、じっくりとリー・ダニエルズがスピーチ出来なかったのが残念。主演女優賞ににノミネートされていたサンドラ・ブロックもちゃんと旦那さんと駆けつけていたりと、彼女は好印象ですね。チリ地震が起きる前もあって、全体的にはハイチ救済を印象付ける賞でした。オープニングからワイクリフがサンタナとパフォーミング。このイメージ・アワードはいつもみんなが感動的なスピーチが印象的ですが、今回は何と言ってもダリル・”チル”・ミッチェルでしたね。彼の「ギャラクシー・クエスト」が印象的でしたが、「Black Knight / ブラック・ナイト (2001)」等にも出演してましたね。今は交通事故で下半身不随で車椅子生活をしております。何とか俳優として復活して、今回はTVシリーズ「Brothers」の演技でイメージ・アワードを受賞しました。彼自身の色んな思いがこみ上げてきたのでしょうね。涙ながらのスピーチはこちらも感動しました。そのプレゼンターとしてステージに居たのが、「Precious: Based on the Novel Push by Sapphire / プレシャス (2009)」のレニー・クラビッツとシェリ・シェパード。ミッチェルが「時間が無いのは分かっているけれど...」というと、シェリ・シェパードが「時間はたっぷりあるわよ!」と合いの手をいれたのも良かった。後は、マックスウェルですかね。男性シンガー部門ノミネートにて彼の名前が発表された時の歓声も一番で、受賞した時の女性のリアクションも良かった。みんなが「彼がホットだ」と言わんばかりに、手で自分を顔を扇ぐ仕草をし始めてました。モテモテ男ですな。ガブリエル・ユニオンとその隣にいた女優(多分ショーン・ロビンソン)がやってました。司会のヒル・ハーパーが良かったですね。いつもスピーチ上手だけど、司会も落ち着いていて良かった。もう一人のアニカ・ノニ・ローズは緊張してましたね。相変わらず可愛かったけど。

写真などはTumblrにアップしております。キンバリー・エルズのドレスが私のお気に入り。髪の結い方とかも可愛い。

http://www.variety.com/article/VR1118015841.html?categoryid=13&cs=1&nid=2562
'Precious' leads Image Awards | Hollywood Reporter