SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Critics Choice Award(批評家チョイス賞)

批評家が決める「Critics Choice Award」がTV放映され発表された。
受賞は「Precious: Based on the Novel Push by Sapphire / プレシャス (2009)」のモニークが助演女優賞を獲得した。「Precious: Based on the Novel Push by Sapphire / プレシャス (2009)」は作品賞、監督賞、主演女優賞、脚本賞にノミネートされていたが、受賞は助演女優賞のモニークだけだった。また「Invictus / インビクタス/負けざる者たち (2009)」のモーガン・フリーマンが主演男優賞にノミネートされていたが受賞しなかった。作品賞と監督賞で「The Hurt Locker / ハート・ロッカー (2008)」が受賞した。

http://www.vh1.com/shows/events/critics_choice/_2010/nominees/?_id=category_1

TV放映を見ていたのですが、今までで一番最悪なショーでしたね。オープニングのショーから全てが絡み合ってない感じ。はっきり言えば面白くなかったです。司会者の人も駄目でしたね。空回り。ジョン・ヒューズのトリビュートをジョン・クラシンスキーとエイミー・ポーラーが「プリティ・イン・ピンク」のアンディのピンクのドレスとダッキーのあのスーツで登場。胸高まったが、それも台詞で台無し。若いバンドが(とお茶を濁したのは名前を知らないから)シンプル・マインズの「Don't you forget about me」をカバーしてました。「ブレックファースト・クラブ」ですね。会場に居たケビン・ベーコンが演奏が終わったときにスタンディングオベーションしていたのは泣けた。またサミュエル・ジャクソンが監督賞部門のプレゼンターとして登場。クエンティン・タランティーノの名前を言う時にクエンティンとタランティーノの間にサミュエル十八番の「Fワード」を入れたのが笑えた。このショーで唯一笑った所ですね。言われたタランティーノが一番嬉しそうだった。

しかし作り手はみんな批評家が嫌いなんですね。「初めて批評家にありがとうと思える」とか「批評家にありがとうという自分が信じられない」とかいうスピーチが多かった。

MTVの映画ブログで分毎のアップデートをしていますが、私も彼と同じ。アンサンブル賞とかビックリ。コメディ部門に「Black Dynamite / 日本未公開 (2009)」が無いのが残念とも書いてます。ちょっと笑った。VH1のオフィシャルでは一般予想%も載ってますが、だいぶみんなの予想と違いますね。

しかし主演男優賞がーーー!!納得いかん。

写真はTumblrにアップしました。レッドカーペットモニークモーガン・フリーマン&サミュエル・L・ジャクソンゾーイ・サルダーニャ