SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

ゴールデン・グローブ賞

ついにゴールデン・グローブ賞が発表。オスカーを占う上でもかなり重要視されているのが、このゴールデン・グローブ賞SAG(アクターズ協会)賞。結果は大体ご存知だと思いますが、こちら。日本語なら映画部門がこちらで、TV部門がこちら

いやー、やりましたよ、イドリス・エルバ!!ファンに一番最初に感謝する辺りが、やられてしまいましたねー。ちなみに彼が受賞した部門がミニシリーズ・TV映画部門の主演男優賞です。彼のイギリス訛りはコリン・ファースとか司会のリッキー・ジャーヴェイス程じゃなくて、程よいんですよね。イギリス訛りに慣れてない私でも分かりやすくて好きです。イギリスの黒人俳優はみんな訛りがキツくないですよね。まあ元々移民というのが大きいんでしょうが...でもまだ少しイギリス訛りが残っているのがセクシー。ところで、エルバは自身のツイッターで去年受賞を逃した時に、娘さんが代わりのトロフィーを作ってくれたとの事で写真を載せてました。なんて素敵な娘さん!!ツイート通りに娘さんに本物を持って帰れるので、誇らしい事でしょう... それと彼が取った後に、私がフォローしている有名人のみんなが歓喜のツイートしていたのも印象的でした。アニカ・ノニ・ローズとかヴィヴィカ・A・フォックスとかブライアン・ホワイトとかテリー・クルーズとか。

そしてオクタヴィア・スペンサー助演女優賞を受賞。スピーチは名前を羅列しただけのようにも感じたけど、途中途中本音が入り混じっていて面白いスピーチでした。ツイートとかTumblrで見ていても、彼女のスピーチは評判が良かった。彼女が着ていたドレスは日本人のタダシ・ショージのドレス。彼は少し大きめの女性のドレスも手がけている。モニークも「Precious: Based on the Novel Push by Sapphire / プレシャス (2009)」で色んな賞に出ていた時に、彼のドレスを着ていました。そしてスペンサーもツイッターフェイスブックで、ジョージ・クルーニーやイドリス・エルバやマイケル・ファスベンダーやブラッドリー・クーパー等にキスしてもらえるなんて、なんて素敵な夜でしょう!と書いている。彼女はオスカーに大きな一歩を踏み込みましたね。

しかし、残念だったのが、ヴァイオラデイビス。とーっても意外でした。受賞したメリル・ストリープが彼女の名前ばかり挙げていたのも興味深い。確か「Doubt」の時にも、メリル・ストリープSAG賞(だったと思う)主演女優賞を受賞して、ヴァイオラが助演にノミネートされていたけれど受賞出来なかった時にも、ストリープはヴァイオラの名前をステージから呼び続けていた。そして今回、メリル・ストリープの口から驚きの映画タイトルが出てきた。それは「Pariah / アリーケの詩(うた) (2011)」。ストリープも気に入っているみたいですね。

残念と言えばメアリー・J・ブライジ姉さん。クイーン・ラティファと同じテーブルで見てました。悔しそうというか、泣きそうな顔してましたね。でもいつも一緒の旦那さんが見当たらなかったのが気になります。ドレスが素敵でした。メアリー姉さんのヘア担当の人は、いつも凄いと思う。

さらには、お伝えした通りにモーガン・フリーマンが功労賞のセシル・B・デミル賞を受賞。紹介には、なんとシドニー・ポワチエ御大が登場。会場は一気にボルテージが上がって、スタンディング・オベーション。当たり前ですよねー。でも話をする姿はやっぱり老いを感じました。もう多分新しい映画で彼の姿をスクリーンで観る事はないのかな...と思うと、自然に涙が出てきました。一生懸命に一つ一つの言葉を丁寧に話す姿が印象的。そのポワチエに感謝を述べるモーガン・フリーマンの言葉も感動的でした。「貴方のような方からセシル・B・デミル賞はこの上なく光栄で、私にとってはシドニー・ポワチエ賞でもありこの上ない光栄」と。号泣ですよ。
そしてモーガン・フリーマンのキャリアを紹介する映像では、子供向けの番組エレクトリック・カンパニーが流れると、私のTLにもその映像のユーチューブのリンクが大量に流れてました。ちなみにこちら↓。

モーガン・フリーマンの席にいた一番真ん中のまん前の人、カンゴールでスーツだし、モーガンと一緒なのでてっきりサミュエル・L・ジャクソンだと早合点していたら、なんとモーガンの息子で俳優もしているモーガン・J・フリーマンだったらしい。サミュエル以外、カンゴール黒禁止!そしてモーガンはレッドカーペットで白人の2人の女性を両手に登場。さすがやるなーと思っていたら、1人はモーガンの長年のビジネスパートナーの女性で、もう1人はその息子の嫁らしい。

なんだかんだと目立つのにノミネートで名前が呼ばれるとはにかむジョージ・クルーニーと、彼の代表作で共演した女優達(クレア・デインズケイト・ウィンスレット)に監督(スコセッシ)が受賞していく中で、やっぱり受賞出来ないレオナルド・ディカプリオが対照的でした。マドンナは受賞した時は噛み噛みでしたが、プレゼンターで出てきた時には司会のリッキー・ジャーヴェイスに言い返す辺りがさすがでした。なんだかんだとキス出来ないリッキー・ジャーヴェイスも、意外と可愛い人かと...

今年の主役はハーヴェイ・ワインスタインでしたね。彼の会社が受賞独占状態。

女優達が着ていたドレスのブランドリスト