SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

アカデミー賞祭り

昨夜(アメリカでは朝早く)に発表されたアカデミー賞のノミネーション。Tumblrにいち早くリストをアップしました(なのでリストはそちらをご覧くださいませ)。

いやー、良い感じですね。

Precious: Based on the Novel Push by Sapphire / プレシャス (2009)」から作品賞や助演女優賞Mo'Nique (モニーク)や主演女優賞でガボレイ・シディベがノミネートされる事は予想しておりましたが、まさか監督賞でリー・ダニエルズと脚色賞でジェフリー・フレッチャーが選ばれるとは!!!!!!今年で82年となるオスカーの歴史の中で、黒人の監督がノミネートされたのは1992年のジョン・シングルトン以来でまだ2人目。たまにリー・ダニエルズが黒人初の...と書いてある事があるけれど、それは間違い。まー、リー・ダニエルズの場合は黒人同性愛者監督初の...とはなりますね。脚色賞のジェフリー・フレッチャーは(オリジナル・脚色含めて)6人目となりました。しかし監督賞・脚色(脚本も含めて)でまだ受賞は居ない。そして女性のキャスリン・ビグローも監督賞にノミネートされているので、黒人と女性監督が同じカテゴリーで戦うのは初じゃないでしょうか??いい感じです。

Precious: Based on the Novel Push by Sapphire / プレシャス (2009)」は、上に書いた5つ以外にも、編集賞にもノミネートされたので6部門でノミネート!わぉ。予想以上でした。

そして、モーガン・フリーマンも「Invictus / インビクタス/負けざる者たち (2009)」にて主演男優賞にノミネート。日本では金曜日からの公開なので、ベストタイミングですね。

という訳で、予想はモニークの助演女優賞は確実だと思います。取らなかったら、この年だけどモヒカンとかにしてグレたいと思います。世間を斜め45度から見ます。

希望は前から何度も言っている通り、作品賞で「Precious: Based on the Novel Push by Sapphire / プレシャス (2009)」。黒人映画初の快挙になるから。そして監督賞と脚本賞も狙いたい所ですが、監督賞は前にも書いた通りキャスリン・ビグロージェームス・キャメロンの元夫婦対決になっちゃうのかな??その元夫婦にリー・ダニエルズがいい感じで割り込んで欲しいですわ。

そのリー・ダニエルズはノミネーションへのコメントとして「興奮している。まだ動けないよ。ベッドの上の豚の縫いぐるみの気分さ。嬉しさと興奮で圧倒されている。」と答えた。仲間の監督であるジェイソン・レイトマンからの「大丈夫?今夜は寝れる?」と昨夜携帯メールを貰い、「ああ平気さ、寝ようとしてたのに!」と返したそうだ。

そして主演・助演含めて5度目のオスカーのノミネートを果たしたモーガン・フリーマンは「この名誉な事にアカデミーには感謝したい。そしてマット・デイモンもノミネーションおめでとう。クリント・イーストウッドやプロデューサー、スタッフには特に感謝したい。より重要な事はネルソン・マンデラの勇気と友情に感謝したい。彼なしにはこの映画は不可能でありました。」とコメントしている。さすが慣れている。どうやこのニュースはプレミアで訪れているイタリアのローマで聞いたとの事。

初の映画出演で主演女優賞にノミネートされたガボレイ・シディベは朝の2時半に目を覚ました。ノミネーションについて緊張していた訳ではなくて、2日前に映画のプロモーションをしていたオーストラリアから戻ってきたばかりで、まだ時差ぼけに悩まされていたからだそうだ。マネージャーと2人でノミネーションのニュースを見ていて、喜んでジャンプしたりしたそうだ。その後にお母さんや友達に電話で報告した。しかしお祝いは最小限に考えているようで、「私の2人のルームメイトからディナーを奢ってもらおうと考えてる」との事である。何だか可愛い。

Hollywood Reporter | Entertainment News

ところで、モニークがコメントを出してないのが気になる。と思ったら、後からCBSのインタビューには答えているようで「ふわふわしてるわ!」と答えたそうだ。でもやっぱり噂は本当のようで、モニークはオスカー受賞の為のキャンペーンには参加しない様子。前々からモニークがプロモーションやオスカー・キャンペーンに積極的でない事が噂されていた。モニークが受賞しなかったら、これが原因かもしれないけれど、モニーク自身が「全てはスクリーンに託してるから」と語っている。その通り。

今年の授賞式は3月7日(日本時間3月8日)。カウントダウンは始まった。

http://oscar.go.com/