SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

サンダンス映画祭

そろそろまとめようとしてサイトに上映映画を入力していました。今年は面白い作品ばっかりだわ!と喜んでいたら、すっかり受賞式が土曜日に開催されてましたー。そしたら凄い事に!!
ツイッターでも一報入れましたが、去年の「Beasts of the Southern Wild / ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜 (2012)」に続いて、グランプリにあたるドラマ部門の審査員大賞に「Fruitvale Station / フルートベール駅で (2013)」が選ばれました!しかも観客賞まで!わお!すごい!嬉しい!

この作品は、オークランドの鉄道で起きた事件をテーマにしている作品。その事件当時に私が書いた記事がこれ。悲劇の人となったオスカー・グラントを「Chronicle / クロニクル (2012)」や「Red Tails / 日本未公開 (2012)」のマイケル・B・ジョーダンが演じていて、オスカー俳優となったオクタヴィア・スペンサーも出演し、オスカーの母を演じている。しかもあのフォレスト・ウィッテカーがプロデュース!監督はライアン・クーグラーという26歳の黒人男性。なんと長編映画制作は今回が初めて。元々はフットボール選手だったが、その後に南カルフォルニア大学(USC)にて映画を学ぶようになり、その時に作ったショート映画がウィッテカーの制作会社の目に留まった。オスカー・グラントの事件があった時には、まだUSCの学生だったが、クリスマス休暇で彼のホームグランドであるベイエリア近くに居た。今日の写真の人がライアン・クーグラー監督。覚えておいてね。素敵な笑顔でしょ。

実はこの作品、サンダンスで公開されてからすぐに反響があり今年の「ハッシュパピー」は「Fruitvale」だと言われていた。そしてすぐにあのワインスタイン・カンパニーが上映権利を2ミリオンで競り落としている

このサンダンス映画祭でグランプリを取った作品が、次の年のオスカーの時にキャンペーンして成功したのが、リー・ダニエルズの「Precious: Based on the Novel Push by Sapphire / プレシャス (2009)」。そして去年受賞した「ハッシュパピー」は今年のオスカーで最優秀作品賞や最優秀女優賞を含めた4部門にノミネートされているのはご存知の通り。しかもグランプリと観客賞を同時受賞したのは「プレシャス」と一緒。なので、この「Fruitvale」もあるかもしれないと、今から期待されている。ウィッテカーが制作者としてオスカーを獲得する日もあるかも?なのだ。

そしてもう一つ、嬉しいニュースが!私が期待していると以前に書いた撮影技師ブラッドフォード・ヤングが、撮影技師賞を受賞した!サンダンスには彼が担当した「Mother of George / 日本未公開 (2013)」と「Ain't Them Bodies Saints」で受賞。「Mother of George」では、アンドリュー・ドスンム監督と再タッグを組んでいる!私の願いが叶ったわけです!嬉しいー!授賞式には参加出来ずに、その2つの作品の監督ドスンムとデビット・ローリーの両方が壇上に上がり、代わりに挨拶。ヤングは電話で参加しスピーチした。期待している人が受賞するのは本当に嬉しい!ほーら、言ったでしょ!的な嬉さもある。

2013 Sundance Film Festival Awards Updates | Sundance Institute

そして上で触れていない残念ながら賞は逃した作品や、コンペには関わっていない上映だけされた気になる作品をまとめます。

全く使えないアカデミー賞やゴールデングローブやSAGよりも、サンダンス映画祭の方が楽しみ。私にとって新しいオスカーはサンダンス映画祭ロバート・レッドフォード、ありがとうございます。