SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

Black Dynamite / 日本未公開 (2009) 673本目

やっと観れた(感涙)。やっと今週に発売したんだ... 小雨降る火曜日、傘さして買いに行った。あった。おぉ...と手が震えた。感激した。ディスクがちゃんと入っているか振って確認(これアメリカでは大事。ディスクが入ってないハズレの時がよくある)。

というか、みんな忘れてないか??この作品は今やオスカーを争う作品「Precious: Based on the Novel Push by Sapphire / プレシャス (2009)」と同じサンダンス映画祭に出展していた事を... 実はその「プレシャス」よりも先に配給権利を買われていた居た事を... 私はこの作品をここで予告を見てから楽しみにしてましたよ。

昨日も書いたけれど、ブラックスプロイテーションは「優れた」作品じゃなくって、「愛すべき」作品という事。この映画を説明する時に一番使われるのが「ブラックスプロイテーションへのオマージュ作品」。確かにそうだ。しかし、私は断言する。この作品こそがブラックスプロイテーションなのだ。ブラックスプロイテーションをプロイテーションした作品。

私は見る前までは「I'm Gonna Git You Sucka / ゴールデン・ヒーロー/最後の聖戦 (1988)」とか「Undercover Brother / アンダーカバー・ブラザー (2002)」みたいなパロディ作品になると思っていたのです。所が違ったね。作り方はブラックスプロイテーションそのもの。パロディジョークを散りばめてもいるが、この映画は真剣にやっている面白さが際立っている。パロディというツッコミじゃなくて、この映画はボケ倒しているのだ。ウェイアンズの「I'm Gonna Git You Sucka / ゴールデン・ヒーロー/最後の聖戦 (1988)」みたくノンストップでジョークが続く訳じゃないが、随所に細かいボケを詰め込んでいる。いや他の作品と同じように、パロディも感じる。主役のブラック・ダイナマイト自体が「Willie Dynamite / 日本未公開 (1974)」からだろうし(見た目はジム・ブラウン)、ハニー・ビーは「Dolemite / ドールマイト (1975)」のクイーン・ビー。しかもクイーン・ビーのドールマイト・ガールズまで真似しているのは笑った。トミー・デビッドソンのクリーム・コーンはアントニオ・ファーガスが70年代にやっていた事全般ですね。パロディ加減もマニアを唸らせるコアな物じゃなくて、非常に優しい分かりやすい物が多い。ブラック・ダイナマイトのサイドキックとなるブルホーンがへな猪口パンチやキックを決めた後に首を振るのは、ドールマイトの真似だ。ちなみにブルホーンを演じたバイロン・ミンズはマーシャルアーツを習っていて、本来なら綺麗な型が決められるらしい。どこかで観た顔だなって思っていたら「South Central / サウス・セントラル (1992)」で顔に刺青したあの怖いリーダーだわ。

マイクは見切れちゃっているわ、ハニー・ビーのキム・ホイットリーが笑ってしまってたりするわ、とNG続出なのだけど、それもそのまま収録。何度も言うように「ボケ」映画なので、観客に突っ込まれたいんでしょうね。またソニーに眠っていたストック・フッテージも多数使用されている。そして前後のシーンで違う失敗(靴が違っていたり)をわざとしているのも特徴。良く観ると、同じ人が何度もブラック・ダイナマイトにやられているのがわかる。そしてブラックスプロイテーションの台詞をそのまま使っていたりする。ハニー・ビーとバッキーの話をしているのは「Disco Godfather / ディスコ・ゴッドファーザー (1980)」から使っている。個人的に好きな場面が、中々アナコンダビールまでに辿り着かなくて、ギリシャ神話が...とかわざと遠回りしている所で、ロサンジェルスの有名なソウルフード店「ロスコーズ・チキン&ワッフル(Roscoes House of Chicken and Waffles)」が出来た秘話??が隠されているのが面白かった。またその「ロスコーズ」の前身??(ってジョークなのは分かるよね?)ドーナッツ&チリ店での「ドーナッツは鰐皮の靴ははかない」という台詞が最高。もうそういう所がフレッド・ウィリアムソン的。

そして最後はニクソンそっくりの大統領と対決!そのニクソンそっくりさんを演じたのが皮肉にもジョン・ケリーという名の俳優。もうここまで来ると、どこまでがネタでどこまでがボケなのか分からなくなってくる。

この映画を作るきっかけになったのが、たまたまマイケル・ジェイ・ホワイトジェームス・ブラウンの「Super Bad」を聞いていて思いついたそう。なんでこんなカッコいい曲を聴いて、思いついたんでしょうか??面白い。

この映画は貴方がブラックスプロイテーションを好きになるように誘ってくれる事間違いなしなのです。え?元々好きですって??そうしたら益々好きにさせてくれるでしょう。

パロディとも違うまた新しい形を作ってくれたのも嬉しい。

感想やあらすじはこちら

(4.75点/5点満点中:コルト45を飲みながら鑑賞)