SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Hi-De-Ho / キャブ・キャロウェイのハイ・デ・ホー (1947) 630本目

Hi De Hi De Hi De Hi
キャブ・キャロウェイの有名なキャッチフレーズでもある「ハイ・デ・ホー」がタイトルのミュージカル?です。ミュージカルというか、何と言うか... 同時期位に作られたマムス・マーブリーの「Boarding House Blues / 日本未公開 (1948)」にも似た感じのショーケイスというか... 最近のR.ケリーのミュージックビデオみたいなオペラドラマみたいな長い版ともいえるような。その何とも言えない感じがオリジナルな雰囲気を醸し出してます。キャブ以外にも何名かの凄いエンタテイナーが出演してます。3人の巨漢女性シンガーも凄いし、3人の男女混合のタップトリオも凄い!タップは本当にびっくりする位凄かったです。女性がこれまた凄いアクロバティック。そしてキャブ・キャロウェイのエンターテイメント性は、今のアッシャーとかクリス・ブラウンとかに引き継がれたんだろうなとも思いました。その辺の影響力もやっぱりまたオリジナルな先駆者なんですよね。ストレートに決めた髪形をわざと振り乱してタクトを振る姿は、当時の女性にはたまらなかったと思います。またキャブの「ハイ・デー・ホー」をバンドメンバーとする掛け合いは、何となく今でこそライブで当たり前となったコールアンドレスポンスにも取れますよね。ライブだったら、あの部分は観客も絶対に歌っていたでしょうから。

スキャットで有名なキャブですが、優しい歌も歌ってます。でも残念だったのが、その優しい歌とは合わない、結構乱暴的な役でしたね。ミニー(キャブの歌によく出てくる女性の名前)に対する仕打ちとか酷い!今では作れないタイプの映画かもしれません。ラストとか見ちゃうと、やっぱりミニーの女の直感は正しかったんだと思ったし。キャブの音楽のパフォーマンスは十分に楽しめるんですが、映画のストーリーとしては...悲惨ですね。

ところでこの映画に出てくるもう1人の女性ネティを演じたのがアイダ・ジェームス。どこかで聞いた名前で、オスカー・ミショーの映画かな?と思ったら全然違った。ニア・メエ・マッキニーが出ていた「The Devil's Daughter / 日本未公開 (1939)」の女性だった。その映画でも良い人を演じていたんですよね。Youtubeで見つけたナット・キング・コールと歌っている彼女はかなり可愛い。でも映画ではそんな感じじゃなかったかな?もうちょっと恰幅が良く見えました。声がたまらなく可愛いです。

それにしても今「ミニー・ザ・ムーチャ」を観てもカッコいいですね。女性の影が最高にカッコいい。

感想やあらすじはこちら

(3.75点/5点満点中:DVDにて鑑賞)