SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Dynamite Brothers / 日本未公開 (1974)

Cast >> Timothy Brown (Stud Brown), Alan Tang (Larry Chin), Aldo Ray (Burke), James Hong (Wei Chin), Don Oliver (Smiling Man), Al Richardson (Razor), Carol Speed (Sarah) ...
Director >> Al Adamson
Writer >> John D'Amato, Marvin Lagunoff (story)
Producer >> Marvin Lagunoff, Jim Rein

総合ポイント >> 3/5点満点
Contents >> 3 Performance >> 4 Direct >> 2 Music >> 4

Those cats were fast as lightning
ラリー・チン(アラン・タン)は兄を探しに香港を離れて、サンフランシスコにやってきた。船を抜け出して不法にやってきたラリーはすぐにバーク刑事に捕まってしまった。しかし兄がロサンジェルスにいる事が分かった。同じく警察に捕まったスタッド・ブラウン(ティモシー・ブラウン)と共に手錠をはめられた。スタッドの機転で2人は手錠に繋がれたまま逃げるが...

普通のブラックスプロイテーションと香港映画を足した感じだ。「ラッシュアワー」のオリジナルとも言われているのはそれ故。でも「ラッシュアワー」では2人共にお互いの文化とかに歩み寄っているけれど、こちらはそれはない。主役の黒人はカンフーはしない。彼は普通にストリートの喧嘩が強いというだけ。でもお互いに心は歩み寄る。衝突もなく2人はすぐに心を通わせる。でも物語はごくごく普通。アクションもごくごく普通でもある。タイトルのダイナマイトな仕掛けも1度位で派手なアクションより、地味だが主役2人共に身体能力を感じるアクションシーンが多い。2人は手錠をつないだまま、よく走るし、よく喧嘩をする。
ただスタッドは女性とのラブシーンがあるのに、ラリーにはそれがない。プラトニックな恋愛を思わせるシーンのみ。その辺はブラックスプロテーションと香港映画の違いなのか、それとも当時はアジア系にはそういうセクシーなのが求められてなかったのか... 白人女性のヌードが多かった事を考えると、多分後者なのだろう。

オープニングのサイケな感じや、主役2人の身体能力にサントラのチャールズ・アーランドのジャズのファンクネス... 何か勿体無さを感じる。悪くは無いが、普通なのである。


(12/13/08:DVDにて鑑賞)