SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Black Dragon / 日本未公開 (1974) 750本目

この映画、謎。いやそんなに謎でもないんだけど、香港とフィリピンで制作されたカンフー映画。タイトルも「ブラック・ドラゴン」とかついてるし、ポスターを見るとどうも黒人のロン・ヴァン・クリフが主役。でも全然違うんだな。「Black Belt Jones / 黒帯ドラゴン (1974)」が公開された(1月にアメリカにて公開)され、この作品は11月に公開。という訳で黒人武術のブームに火がつきそうだったので(実際には線香花火のように一瞬)、勝手にロン・ヴァン・クリフが主役のように公開されただけの事。Allmovie.comのサイトのプロットもあたかもロン・ヴァン・クリフが主役かのように書かれてるし。主役は香港の白いヒョウと書いて(白彪)ジェイソン・パイ・ピョウ。彼がいいんだわ。田舎の純朴な青年タイリューを演じております。仲良くなるのが、フィリピンでスリをやってるルエル・ヴァーナル演じるシャマー。田舎の畑仕事をしていたタイリューだったけど、フィリピンに行ってた男がお金持ちになって帰ってきたのを見て、俺も一攫千金の夢を見てフィリピン行くかー!と...でもフィリピンまで行くお金も無い。その帰ってきた男にお金を貰ってフィリピンに行くけど、すぐにスリの被害に遭う。スリをしたのがシャマー。カンフー対決。とまあ香港映画では良くありそうなパターンです。でも...ね、全然ロン・ヴァン・クリフ出てこないでしょ?ま、下のこの映画の予告編をまずは見て。

ね?主役みたいでしょ?というか、主役でしょ?でもね、このロン・ヴァン・クリフが出てるのは、この予告の映像で全てじゃないかな?という位、凄く少ない。なぜか知らないが、白人の男や他の男達と組んで、アヘンを密輸している男達を懲らしめる。いちようヒーローなんだね。そしてこのタイトル「ブラック・ドラゴン」は彼がブルース・リーから頂いた愛称でもある。切れ味が素晴らしい。蹴り足も高い位置だしね。また体も恵まれてますよねー。凄い細い訳じゃなくて、骨太、でもしっかり余分な脂肪は落としていてがっちりしてる。決まるよねー。ちなみに知ってましたか?ロン・ヴァン・クリフとあのジミ・ヘンドリックスが軍人時代からの友人だった事を... なんでもジミヘンも松濤館流のカラテを習ってたらしい。2人は陸軍と海兵隊と違う所に所属してましたが、訓練で一緒になったらしい。その当時は2人で結構遊んでいたらしい。ロン・ヴァン・クリフはヴェトナム戦争にも行ってるので、沖縄の基地で沖縄手を習ってたみたいですね。

あ、ちなみに私が見たDVDはイギリス版だったのか、「Super Dragon」というタイトルもそのまま残ってました。映像は悪いし、音と台詞は途中聞こえない所もありました。状態は極めて最悪。
でも内容はオーソドックスなカンフー映画ではありましたが、それだけに全然普通に見られる面白い映画ではありました。だってタイリュー、無茶苦茶いい奴だもん!割りと好きな感じの映画かも。

ここが参考になりました。

感想やあらすじはこちら

(3.75点/5点満点中:DVDにて鑑賞)