SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Soul Brothers of Kung Fu / 日本未公開 (1977)

Cast >> Bruce Li, Carl Scott (Tom), Meng Lo, Feng Ku (Chin Shi Po), Susan Yam-Yam Shaw (Dora) ...
Director >> Yi-Jung Hua
Producer >> Ming Pal
Genre >> Action

総合ポイント 4.5点/5点満点中
内容 >> 4 演技 >> 5 演出 >> 5 音楽 >> 4

You'll never know what you're missing
ウェイ・ウォン・ロン(ブルース・リィ)とサウシェン(ロー・マン)とチャイユン(オーヤン・プイシャン)の3人は小船で香港に行こうとしていた。しかし遭難。途中で別の小船に助けられ食事ももらえた。ウェイロンとサウシェンは港で仕事を見つけた。途中で黒人がイジメられていたので、ウェイロンとサウシェンは助けた。助けたのはアメリカ人のトム(カール・R・スコット)だった。意気投合し、トムはウェイロンからカンフーを習った。ウェイロンとチュイユンはいい感じになってきた。それを嫉妬するサウシェン。そしてトムを助けた事で、金持ちのチェンに目を付けられてしまう。仕事を失ったウェイロンとサウシェン。ウェイロンはチェンのバー「クラブ たそがれ」のウェイターとして働く。そしてサウシェンは賭け事のトラブルでチェンとトラブルになる。仕事が無いのでウェイロンは空手大会に出場し、めきめきと頭角を現すが...

絶対にダメなB級カンフーエクスプロイテーションだと信じきっていた。し・か・し!!!結論から書くと最高でした!!!たしかにブルース・リィはブルース・リーを搾取しているそっくりさんであった。しかしこの映画では見事!最初はそこそこカンフーが強い・上手い程度だったが、訓練後にちゃんと本当にかっこ良く、そして滅茶苦茶綺麗に強くなっているのが最高なのだ!そしてサウシェンを演じたのはあの『五毒拳』のガマ君なりよ!嫉妬する姿が初々しく、そしてそんな初々しいガマ君が、とても妖艶な女性とのシャワーシーンを見事に演じているのです。その2人の間にいる女の子チャイユンも可愛い。のに、結構激しいシーンを演じさせられていたりするのも最高です。そしてトムを演じたカール・R・スコット。おそらくまだ10代。ジム・ケリーやロン・ヴァン・クリフとは全く違うタイプ。NBAポイントガードのような体格で、筋肉もしっかりとついており、綺麗な型を決めるのだ。一瞬で好きになった。

確かに勝手にロッキーのあの名曲「ザ・ファイナル・ベル」を関係ない場面で使い過ぎだし、効果音もちょっとおかしいし、編集もおかしい。でも確実に面白いストーリーでカンフーも決まっていた。終わってみたら、超好きになっていた!!これだからカンフー映画好きなんですよ!!!!!

(5/22/15:DVDにて鑑賞)