SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Protector 2 / マッハ!無限大 (2013) 1305本目

結構前からこのDVDが我が家で眠っていたのですが、なんであるんだっけ?トニー・ジャーだからか!と... あれ?いや待て!RZAリーダーがぁーー!すっかり忘れていて寝かせてしまいました。ごめんなさい。という訳で、あの『トム・ヤム・クン!』の続編にRZAリーダーですよ!

タイ カタナでは反乱軍が台頭してきて、混沌としていた。そんな中、カーム(トニー・ジャー)は以前の戦いから逃れるように、今は象である大事なカーンとともに田舎でのんびり暮らそうとしていた。ちびっ子たちを集めて、自衛の為の武道を教えたりもした。しかし子供達の親がそれをあまり良く思っていなかった。そんな所にやってきたのが、スーチャートという男。男はカーンを買い取りたいと申し出る。即座に断るカーム。しかし、ちょっとした隙にカーンが盗まれてしまう。スーチャートの屋敷に乗り込むカーム。ボディガードたちをやっつけて、なんとかスーチャートにたどり着くが、スーチャートは既に死んでいた。しかしタイミング悪く、たどり着いた所で、スーチャートの双子の姪に見られ、カームによって殺されたと思った双子は、カームを襲い始める。しかも警察官やインターポールの人々が駆けつけ、カームは絶対絶命!しかも、またマーク巡査(ペットターイ・ウォンカムラオ)とも再会してしまう。どうやら、象のカーンはLC(RZA)率いる軍団に盗まれた事を知るカームであったが...

という事で今回も象が盗まれてしまいます。前回はワイヤーもCGも使いません!という事でしたが、今回は何箇所か使っておりますね。バレバレです。いやー、それでも凄かったよ!この前観たばかりの『ザ・レイド GOKUDO』が、全編リアルに痛そうなアクション!だったなら、こちらは全編リアルにスゴ技な優雅なアクション!ばかりです。なんていうか、トニー・ジャーの優雅で美しいアクションが満載でしたよ。屋上でのバイクシーンとか見ごたえあったよー。後は、#2との対決ね。これまた#2が、これでもか!という位にひつこく蘇ってくる!あれでもダメなら絶望的ーという程にしぶとい!つーか、#1やあの人よりも最強じゃね?って位にしぶとい。そのターミネーターロボコップにゾンビほどのしぶとい強靭な男を演じたのが、マレッセ・クランプという人。『The Man with the Iron Fist / アイアン・フィスト (2012)』では、RZAリーダーのスタントをやっていたらしい。凄いキレ!バイオによれば、7歳から武術に目覚め、空手・ムエタイカポエイラ・ボクシング・フィリピン武術・カンフー・テコンドー・柔術と全て一通りやってきたらしい!次期マイケル・ジェイ・ホワイトせんせー候補ナンバーワン!(かも?)コービー・ブライアントみたいなルックスなのに凄い!ってか、登場シーン見た時には、あの人かと思ったよ。TVシリーズ『エージェント・オブ・シールド』のデスロックやっているJ・オーガスト・リチャーズかと思ったずら!あのゲームの「鉄拳」が映画化されて『The King of Iron Fist Tournament』となって来年位に見れるのかな?彼はその映画で、ブルース・アーヴィンを演じている模様。楽しみだねー。これからの人だよ。アクション好きの人は早速押さえておきましょ!

って、RZAリーダーよね。RZAリーダーのアクションはあまり評判がよろしく無いようですが、ウータン・クランでは決して見せない顔を見せておりますよ。この映画のRZAリーダーを見て思ったのが「わお、ビーストやね!」という事。冷酷非道な男を演じてますよ。この前の『Brick Mansions / フルスロットル (2014)』とは違って救い所のない酷い男!だから最後も実に惨め。あんな惨めなリーダーを見たくなかったよ!って位、情けない最後。アクションに関して言えば、スーツでやりにくそうだったという事。スーツ姿にハットは最高にステキな悪役でしたけどね!で、そのハットが取れた時ぃ... この人も可哀想な人だったんですねっていう。

という事で、『ザ・レイド GOKUDO』についてはブログでは書きませんでしたが、続けて観た東南アジアのアクション映画2本!最高でしたよー。何か色々とスッキリした!!とにかくマレッセ・クランプという人を知れて良かった!ってこれって、本国では3Dだったの?

感想やあらすじなどはこちら

(4.5点/5点満点中:11/30/14:DVDにて鑑賞)