SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Lil' JJ :Almost Grown / 日本未公開 (2008)

Cast >> Lil JJ, Lil Tre, nNocent, Life, Horace ...
Director >> Brian Campbell
Producer >> Jonathan X
Genre >> Stand-Up
Country >> USA

総合ポイント >> 3.5/5点満点
Contents >> 3 Performance >> 3 Direct >> 4 Music >> 4

Almost...
天才子供コメディアンのリルJJのコメディや歌等のアトランタで行われたバラエティショーの映像。

未だに忘れられない彼のデビュー。ある意味衝撃的だった。若干13歳にしてスタンダップコメディのスターを発掘するオーディション番組での優勝。本当にリル(小さかった)だったし、本当に出演していたどの大人よりも面白かった。もちろん13歳だからというよりも、本当に面白かったから優勝したという印象が鮮明に残っている。でもまだまだあどけなさが残る13歳で、その歳を生かしたネタで活き活きとしていた。その彼も16歳(このDVDが出来た時点で)。このDVDを見た感想が率直に「人の子って成長早いな」である。それ位にあの13歳の時の印象が残っている。ネタは残念ながらあの13歳の時とは違って、16歳らしいティーンのネタが多くなっている。その分、「随分と普通になってしまったな」という印象が残った。エディ・マーフィマーティン・ローレンスに習って、コントでは変装で何人かを演じている。その間に小さなラッパーやR&B歌手やダンサーが前座として登場する。最近の若い子だなって、率直に思う。良いか悪いかは別として、やりたい形みたいのは理解出来る。会場のリルJJと同じ年頃の女の子達はそれで大喜びなのを見ると、間違ってはいないと感じる。

アトランタを訪れてモールでサイン会等もしている。会場は閑散としているが、それでも笑いを忘れてない彼の姿勢が「殆ど」大人のコメディアン顔負けなのである。うん、やっぱり人の子も人のコメディアンも知らない間に大人になっているのである。

(7/31/10:DVDにて鑑賞)