SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Internet Dating / 日本未公開 (2009) 99本目

キャット・ウィリアムス主演のコメディ。マスターPが出演・プロデュースしています。脚本も書いてる。と言っても、日本にお住まいの方々には、マスターPの名前は知っていてもキャット・ウィリアムスと言ってもピンと来ないかも??いや、アメリカに住んでいても知らない人が多いかも。黒人の間だったら知名度はかなり高いけど、でもおじいちゃん・おばあちゃんは知らないかも。なんてそんな背景気にせずに、ココではもう何回も名前出してるので、今更だけど少し説明。若い子の間では絶大なる知名度と人気のスタンダップ・コメディアン。デイブ・シャペルの次がこの人。日本で言うと自分達の名前がついた冠番組をもつ事がコメディアンのステイタスですが、アメリカのスタンダップコメディアンにとってはHBOスペシャルがそれにあたり、キャットもHBOスペシャルを成功させている一人。出すDVDが売れています。アイス・キューブの映画「Friday After Next / 日本未公開 (2002)」では強烈なピンプキャラクターであったマネー・マイクを演じた頃から注目を集めるようになりました。その後に2005年位だったかな?BETのコメディ・アワードでスタンダップコメディを披露した辺りからまた上り調子になり、BETのヒップホップ・アワードの司会で若者を中心に人気となり、HBOスペシャルの「Katt Williams The Pimp Chronicles Pt. 1 / 日本未公開 (2006)」を成功させました。エディ・マーフィと共演している「Norbit / マッド・ファット・ワイフ (2007)」とか「First Sunday / 悪党(ワル)にもラブソングを! (2008)」が日本語訳版も出ているので見かけた方も多いと思います。私的には「Katt Williams Live / 日本未公開 (2006)」のDVDがおススメ。でもスキャンダルが多いのが気になります。名声とかに潰されちゃうタイプかも。後で下でもニュースで書きますけど。デイブ・シャペルと同じ1973年生まれ乙女座の36歳です。ちなみにKattの発音はネコと同じキャットです。

と、そんなキャット・ウィリアムスが主演。マスターPはまだ映画作ってたんですね。でも年々質が落ちていく気がします。なんかキャット・ウィリアムスが可哀想だわと思いました。もうちょっとちゃんと作ってあげればいいのに。メジャー会社で作っていたら、もうちょっと良かったかも。いくらインディペンデントとは言え、もうちょっとちゃんと作って欲しかった。俳優の着ている服がきっとどこかのメーカーのだったんでしょうね、モザイクが掛かってました。しかも何回も。壁に掛かっている絵とかもモザイクかかってたし。ちゃんとその辺をしっかりやって欲しかった。権利絡まない服を着させればいいのに。ただそれだけの事なのに。唯一モザイクが掛かっていなかったのがキャットが着ていた「Money Mike」というシャツ。上でも書い通り、彼を有名にさせた「Friday After Next」のキャットの役名。自分で作ったシャツなのかブランドなのかな?
後は音声も非常に雑で、素人がカメラ回した感じでしたね。バックに思いっきり通行人が見学しているのも見えちゃうなんてカットもあった。もっとプロフェッショナルな映像をYoutubeでも見つけられるでしょうね。マスターPの映画に対する姿勢が良くないんでしょうね。マスターPはビジネスマンで芸術家ではないなーと思いました。マスターPの映画ではいつも女優がミュージックビデオに出てくるような素人ぽい女優を使ってますが、今回もその路線は崩してません。彼女達の存在が余計に映画を安っぽくしてます。でも唯一、エリカ役の女優は見られる感じでした。彼女だけ女優ぽいので、逆にラストの展開が読めてしまうんですけど... コメディですが、キャットのジョーク以外はやっぱり安っぽい感じです。豊満な女性とか、ラビットという名前のウサギみたいな男(どんな男?)とか、英語の発音が下手な日本人女性とか、Urkleみたいな女性とか...

その「Friday」シリーズのマネー・マイクと、クリフトン・パウエル演じるピンキーが好きなキャラクターなんですけど、この映画ではその2人の絡みシーンが見られるのがちょっと嬉しかった。

ってここまで書いたら誰も見る気無くしますよね?マスターPの映画なんで、そんな感じですよ。でもキャット・ウィリアムスファンはラストシーンがおススメ。とってもチャーミングです。

感想はこちら

(3点/5点満点中:DVDにて鑑賞)