SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Katt Williams: Pimpadelic / 日本未公開 (2009) 649本目

割と好きなんです。というか、かなり好きなんですけどね... 最近のスキャンダルを聞いていると、本当に哀しくなります。監禁やら無許可の武器保持とか...この前なんてウォールマートで逮捕とか??前は確実にちょっとインテリぽい感じのコメディアンだったんですけどねー。その雰囲気があるのが、このDVDとなったライブの辺りでしょう。2005年と2006年に出ているライブは本当に素晴らしい。このDVDは今年になってから出てますが、撮影は2005年の2月だそうです。この頃のキャット・ウィリアムスは誰が何と言おうと無敵です。具体的に言うと「Katt Williams Live / 日本未公開 (2006)」とか「Katt Williams The Pimp Chronicles Pt. 1 / 日本未公開 (2006)」が最強です。この2本は本当に面白い。これからこの人が時代を作っていくんだろうなーと感じたものです。最近の若手のコメディアンはすぐにスキャンダルに埋もれてしまうのが残念です。デイブ・シャペルもそうでしたね。「Chappelle's Show」でキタ!と思ったら、その後のアフリカ逃避行であまり出てこないですものね。残念であります。リチャード・プライヤーはスキャンダルも自分の味方にして、時代を作ったのになー。クスリでおかしくなって自分で火事にして火傷した後に復帰したライブはそれこそホットで伝説的なライブだった。そういう大物が出てこないのが残念ですな。デイブ・シャペルとキャット・ウィリアムスはそこまで行けるんじゃないかと思ってたんだけど... やっぱり簡単に「ネクスト・プライヤー」は出てこないモノですね。NBAではいつも誰かが「ネクスト・マイケル(・ジョーダン)」と言われるように、コメディアン界では必ず有望視されている若手は「ネクスト・(リチャード・)プライヤー」と言われますよね。クリス・ロックデイブ・シャペル、そしてキャットもその一人だった。この当時は確実にそう思われていたんですよね... 

という訳で、そのキャット・ウィリアムスの一番いい時のライブとその裏側がドキュメンタリー風になっている作品です。裏側ではキャットが真面目にインタビューに答えています。その裏側ではキャットのネタつくりが見えてくるんです。キャットのこの頃のオープニングの掴みネタはローカルネタ。「Pimp don't know what to wear(ピンプは何を着たらいいのやら)」に続くのが、この舞台になった冬のワシントンDCの場合には寒すぎるので...だったり、マイアミとか暖かい地域では暖かいのでいつものファーコートが着れないとか...そんな感じ。ローカルネタなので、ローカルの人にしか分からないその土地の有名な場所の名前なんかも飛び出してきます。今回もネタの中では、ゲトー過ぎるモールと言われていた場所。こてんぱんに言われておりましたが、実際にはキャットがネタ探しでその場所に訪れていることが分かる。舞台の上では言わないけれど、小さい子供たちにファンサービスもそのゲトー過ぎるモールでは行っている。ネタ探しについても新聞を隈なく読んだりするなど勉強熱心。そんな姿を包み隠さず見せている。いや、彼のインテリぽい部分はネタを聞いていて前々から感じていたんですけどね。だからこそ、今みたいなスキャンダルが信じられないですね。どっちが本当のキャットの姿なのか...

あ、そうだ。Kattの日本語表記がなぜかカットになっている事が多いですが、こういうDVD見ればすぐ分かるんですが、キャットが正解ですよ。

ここでもスティーブ・ハーヴィがちゃんと「キャット」と呼んでるでしょ?BETなので、多分BETのComedy Awardだったと思う。このステージも素晴らしかった。そしてこのステージで知名度を上げてBETのヒップホップアワードの司会に抜擢されたりと飛躍したんですよね。この頃は確実に凄かったんですよねー。そう言えば、スティーブ・ハーヴィが「My Wife and Kidsにも出てる...」と言ってますね。デーモン・ウェイアンズ爺さんのシットコム番組です。あの爺さんは割と早くにキャットの才能を見抜いていたんですよね。スタンダップコメディアンに対する爺さんの嗅覚は素晴らしいですね。あのバーニー・マックだって爺さんが見出したんだから!!

感想はこちら

(4.5点/5点満点中:DVDにて鑑賞)