SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Katt Williams: It's Pimpin' Pimpin' / 日本未公開 (2008) 80本目

最近何かとお騒がせのキャット・ウィリアムスの最新スタンダップコメディライブの映像です。ワシントンDCで行われています。本当に最近、彼には色々とありました。銃保持で逮捕されたりスタンダップコメディからの引退表明や、精神科に入院等。このライブも今までとはちょっと違うなーと思います。今までも彼のスタンダップはスピード感が優れてましたが、今まで以上に加速しています。大丈夫かな?と心配になる位、先を急いでいる感じ。明らかに何かが違います。観客もそのスピードに圧倒されている感じ。でも同時についていけてない感じも受けました。私もその1人。私には英語というハンデもあるけど。それでも笑う間みたいのが無い程。しかも止まる事ない。政治ネタから下ネタまで、区切れが分からない位に飛ばしていきます。全盛期のリチャード・プライヤーでもあれは無かったですね。デイブ・シャペルとかジャスパー・レッドの独特の間が好きな私にはチョッと...

今回のDVDには会場になるワシントンDCを散歩する映像が入ってます。これが最近の噂が想像出来ない程に気さくで真面目。一般人やファンにも凄い気さく。しかも一般人から褒め言葉を貰えば、ちゃんと「ありがとう」とかのお返しが出来る人。確かにカメラが回っているからというのもあるかもしれません。でもちゃんと地に足が着いている印象を受けるんですよね。「Friday After Next / 日本未公開 (2002)」を劇場で見てからすっかり彼のファンになって追っているんですが、初期の頃に読んだ彼のインタビューとかとってもインテリな部分を感じたんですよね。だから最近のスキャンダルがずっと信じられないんです。アップの時とダウンの時が激しいのかもしれないですね。
でもスタンダップに関しては彼は本気です。散歩をするのも習慣だそうで、それがオープニングでのローカルネタに生きてきます。ああやってコメディアンのキャット・ウィリアムスは作られるんだなって思いました。

やっぱり彼がスタンダップを引退してしまうのは悲しい。デイブ・シャペルとかキャット・ウィリアムスはずっとライブで見ていたいコメディアンですから。

感想はこちら

(4.25点/5点満点中:DVDにて鑑賞)