SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Afro Ninja / アフロ忍者 (2009) (Video) 633本目

面白いじゃんよ!なんと嬉しい事に、この映画は12月に日本でもDVDで発売されるみたいですよ
元々がレブロン・ジェームスのナイキのCMのオーディションに参加したのが、この映画の主役「アフロ忍者」であるマーク・ヒックス。ベテランのスタント俳優で「Rush Hour / ラッシュアワー (1998)」等でクリス・タッカーのスタントダブルとかしていました。ベテランなのに、オーディションでバック転で着地を失敗。それでも諦めずにヌンチャクを振り回す姿が、これまた情けない。その映像がなぜかYoutubeに流出した。

アフロのカツラをかぶり、ヌンチャクを持っていた事から「アフロ忍者」と言われるようになった。その後にジェイ・レノの人気番組「The Tonight Show」でも流れたりして一躍話題に。あのYoutubeのビデオでは笑い者になってしまいましたが、マーク・ヒックスはタダでは転ばなかった。そのCMには後にオーディションやり直しで見事に出演している。それがこれ↓。

あのジム・ケリーと共演。ジムの後ろに並んでいる誰かがマーク・ヒックスです。どうせだから映画にしてしまえ!と友人からのアドバイス等もあって出来たのがこの映画。あのCMが縁でこの映画にもジム・ケリーは出演しているんです。ジム・ケリーはこの映画で受けたインタビューで、何度も「俺は脚本が良くないと絶対に出演しない。作品を選ぶんだ」と語ってます(本当に?ならなぜに...以下自粛)。それ程にこの映画の脚本を気に入った様子。現役の頃のようなアクションは見せませんが(勿体ぶり?)、中々泣ける設定で出演を果たしております。まあ、この映画のジム・ケリーの使い方は上手いんですわ。あのYoutubeでの安っぽいアフロのカツラの設定とか上手すぎ!なるほど、それなら...と納得(?)。遊び心が半端なく素敵。それも上手くジム・ケリーを絡ませております。

何となく「The Meteor Man / スーパーヒーロー・メテオマン (1993)」にも似た感じ。あんまりイケテない男がヒーローになる辺りとか、不思議なパワーとか。だからか分からないけれど、「メテオマン」にも出ていたマーラ・ギブスが出演。アフロ忍者の叔母役で出てます。その叔母が経営しているのがソウルフードレストラン。そこに働いているのが、なぜか西脇美智子!今は51歳らしいですが、30代にしか見えない美貌を未だに保っていて素晴らしい。彼女もジム・ケリーと一緒でガッチリとは戦いませんが、その片鱗を覗かせております。と、キャスティングにも遊び心があっていいですね。笑っちゃうキャスティングじゃなくって、コアなファンを唸らせるキャスティングです。アフロ忍者のヒロインを演じるのが、マーク・ヒックスと同じく普段はスタントを担当しているナターシャ・ホプキンスという女優さん。中々可愛い。悪役のジェームス・ブラックという俳優も憎たらしい感じがいいですね。顔はリチャード・T・ジョーンズみたいな男前だし。もう1人の悪役も最近よく見る顔でした。キャスティングが小粒だけど、中々光る人々。

と、70年代の「黒帯ジョーンズ」やらを引きずって「メテオマン」に辿りつき、そして今のYoutubeいう新しい世代を含んだ新しい感覚のB級映画です。ま、B級ですが、素晴らしい精神を見せつけられます。これからのB級作品はこれだなって思わせてくれます。ただラストがちょっとイマイチかな?とも思いますが、最後の最後に笑ってしまうので良しとしますか。何となくこれの最上級がこれから公開される「Black Dynamite / 日本未公開 (2009)」なんじゃないかな?と思わせてくれますね。最近のインディペンデンスはみんなタイラー・ペリーの影響でゴスペル映画か、アクション映画だとウェズリー・スナイプスキューバ・グッティング・ジュニアの正統派アクションが多かったので、これからはまた70年代みたいな遊び心の溢れる(でも真剣な)武道B級もまた増えてくれるんじゃないかと期待しちゃいます。

マーク・ヒックスの心意気が素晴らしい。

12月に日本でもDVDが発売されるので、皆様もあと2ヶ月のご辛抱を...

感想やあらすじはこちら

(4.75点/5点満点中:DVDにて鑑賞)