SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

Black Samson / 日本未公開 (1974) 671本目

前にも書いたジム・ケリーの作品3本が正式にDVDになった商品に、なぜかジム・ケリーが出演していないのに入っていたのがこの作品です。この作品だけケリーは関係ないのですが、なぜか一番最初に見ちゃいました。はは。というか、夫が見ようと思っていたらしいので、私よりも先に見られるのは何か悔しいので(笑)、奪い返して観ましたよ。そういえば最近、私に何かが足りない...と感じていたんですよね。そういえば、最近ブラックスプロイテーション観ていないじゃん!って。

これを一番に選んだ理由が、ウィリアム・スミス。彼はブラックスプロイテーション界の名物白人悪役。もう本当に嫌われ役をやらせたら天下一品。もうフェロモンからムカつくいやらしい男を演じさせたら右に出るものは居ません!と言い切れる位。彼の発する「Nワード」はジョン・メイヤーのそれよりも本格的よ。年季が違うっていうの!私がクエンティン・タランティーノだったら、このウィリアム・スミスをわざとサミュエル・L・ジャクソンの相棒にして、お互い「N!」「MF!」と罵り合わせて掛け合い漫才のようなアクション映画を作りたいですわね。でも彼の場合は大物の悪物じゃない。大物に使われる小物悪党。何というか中間管理職の悲哀が出ているからこそ、このオッサンが好きなのです。こういう分かりやすい悪党って、ブラックスプロイテーションには必要。だからこそヒーロー役の主人公が光るのです。でもブラックスプロイテーション出演作は5作と意外と少ない。それだけに悪役としての強烈な印象がある。IMDBに寄れば、マルボロのCMの男も彼だったそうだが、イマイチ覚えていない。私が記憶しているあのマルボロのダンディなオジサンがこのウィリアム・スミスだったのか??ファンサイトとかオフィシャル見ても書いて無いし。

とまあ、悪役で観たくなる映画っていうのも少ないですよね。主役はタイトルにもなっているサムソンを演じたロックン・ターキングトン!知らないよ!!余り大作には出てませんが、映画・テレビ合わせて40本近くの作品に出演しておりますが、殆どが脇役。主役はこの映画位かもしれないですね。でも、この映画で共演していたウィリアム・スミスはターキングトンの事を「凄くナイス・ガイだった」と回想してます。背も高くて、バスケット選手でもあったようです。IMDBには「Enter the Dragon / 燃えよドラゴン (1973)」のウィリアムス役をジム・ケリーと争ったと書いてありますね。マーシャルアーツの経験とかあるのでしょうか?と思ったけれど、この映画ではその片鱗は見せませんでしたね。そのサムソンの相手役がキャロル・スピード。キャロル・スピードについては書いているので、こちらでどうぞ。このロックン・ターキングトンとキャロル・スピードの相性がいいですね。


物語は(やっとそこかよ!)、終盤までは辛い。そんなに面白い事もなく、アクション映画としては終盤まで最悪。おっぱいは沢山出るがアクションは出ない。この映画のポスターを見て目を引くのがライオンと主人公が持っている変に長い棒。ライオンといえば、MGMだけどこの映画はワーナー。まっいいか。主人公のクラブで飼われております。松島トモ子もビックリ。クラブがダイナマイトでを仕掛けられて老人が死んでも、ライオンは死なず。長い棒も、何かちょっと邪魔そう。車で運ぶ時にはサンルーフから飛び出しちゃって、目印になっちゃってるし。でも、そんな面倒な事も最後の最後に意味があるんですね。ラストまでの持っていき方が長ったらしいけど、最後に全部そこに結びつくというラスト。爽快です。アーサー役がああなるとは!というのも良かったですね。

そのラストシーンはウィリアム・スミスの回想によれば、エキストラが1日20ドルで雇われて、実際に人種的なテンションが現場にあったとの事。スミスはエキストラ達に真剣に狙われていたそう。大変なシーンで、スタントマンも屋上から落ちるシーンで背中を怪我するなど大変だったみたい。

感想やあらすじはこちら

(4.25点/5点満点中:DVDにて鑑賞)