SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

White McCain, Black McCain

この前書いた通りコリン・パウエルバラク・オバマへ正式に支援を表明。
共和党のパウエルが民主党候補を支持表明する事の意味。
正直言って、パウエルが支持表明をした事で共和党の人が意見を変えて票が動くという事はほぼゼロに近いと思う。逆に共和党からは裏切り者のレッテルを貼られる事でしょう。でもアメリカでニュースを見ている人達にとっては、感づくと思うのですが、そのマスコミ占拠率が増える。後選挙まで丁度2週間位ですか?パウエルの戦略でマスコミをコントロール出来るんじゃないかと専門家は言っている。パウエルはマケインとは長い付き合いを強調した上での支持表明。マケインには相当痛手。しかもパウエルはペイリンを副大統領に選んだ事を痛烈に批判した。

しかし共和党側は「黒人だからオバマを選んだ。人種で選んだ」という方向に持っていこうとしている。この支持表明を「Meet the Press」という日曜の朝の人気政治番組で表明したのだけど、その司会者トム・ブロコウはずばりその質問をパウエルにぶつけた。パウエルは「もしそれだけ(人種)で選んでいたとしたら、とっくのとうにオバマに支持表明をしていた。マケインとオバマで揺れ動いていた。でもここ数ヶ月でこの結果にたどり着いた。けれどアフリカ系アメリカ人が大統領になるという事は歴史的だという事は否定出来ない。起こるべき事だ。全てのアメリカ人にとって誇らしい出来事になる筈だ。このような事が起こりうるというこの地点の歴史にたどり着いたという事は、アメリカ人を感動させるだろうし、アメリカだけでなく世界中の人が感動するだろう」と答えた。

マスコミも2分に別れている。共和党のパウエルが党を超えて支持した事で共和党内の亀裂を報道する者、そしてパウエルは人種によって支持したのだと報道する者。

でも、多くの白人の人だって党を超えて人種を超えてオバマを支持している人は沢山いる。パウエルみたいに党を超えて支持しただけで、人種によって支持したと言われるのは、逆にその人達の人種観念を疑う。そういう人達にとっては、オバマは大統領候補という前に黒人なんでしょうね。

そういう意味でもパウエルのオバマ支持表明は興味深い。

MSN Japan - ニュース, 天気, メール (Outlook, Hotmail), Bing検索, Skype

所で、マケインの祖先が奴隷を所持していたとの事で、黒人のマケインがミシシッピに存在している。
彼等も白人マケイン一家と同じように沢山のジェネレーションを作り上げてきている。白人マケイン一家は軍一家で知られているが、黒人マケイン一家もやはり第2次世界大戦、朝鮮戦争ベトナム戦争と白人マケインと同じように参加している。白人マケイン一家はご存知の通り、軍のエリート。その参加の仕方は違う。
2年前に黒人マケイン一家のリユニオンが行われた際に、白人マケイン一家も招待したそうだ。
しかしジョン・マケインはスケジュールの都合とやらで出席せず、ジョン・マケインの兄弟ジョー・マケインは参加してその黒人家族と楽しい時間を過ごしたそうだ。
ジョー・マケインのした事は本当に素晴らしい事だと思う。キング牧師が「I Have A Dream」で言っていた「いつかはかつての奴隷所有者の子供達と奴隷の子供達が仲間というテーブルに一緒に座る事が出来る日が...」を文字通り実現している訳ですから。
公民権運動の前線で活躍したジョン・ルイスがマケインを批判した時にマケインはやたらとジョン・ルイスを「公民権運動のヒーローで心から尊敬していたのに」と言っていた。本当にその意味が分かっていて、黒人マケイン一家の気持ちを理解出来ていたとしたら... キング牧師の祝日設定の投票で2回も反対しないと私は思います。

このビデオのラストが面白い。ウォールストリートジャーナルの記者がこの記事をまとめていて、インタビューをしているのだけど、黒人マケインの1人に今回の選挙はどちらを応援してるのですか?と聞かれ、黒人マケインはニヤっと笑いながら「私はずっと民主党員だからね。自分の党を応援しているよ」と言っている。ちなみにこの黒人マケイン一家は公民権運動の時にはミシシッピで活動を続けたらしい。