SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Music Hath Harms / 日本未公開 (1929) 137本目

ショート映画です。「Birmingham Black Bottom」というタイトルでこの「Music Hath Harms」と他3本の計4本入りのDVDで発売されてました。今は多分絶版です。この4本ショートが入ったクリスティ・フィルム・カンパニーが製作シリーズが、オール黒人キャストに於ける最初のトーキーとなります。多くの本なのでは「ハレルヤ!」というのが一般的になってますが、正確にはこちらになります。しかも、この作品じゃないのですが「Melancholy Dame」という作品は、クレジットこそされてませんが、出演している俳優スペンサー・ウィリアムスが監督したというソースが至る所に存在し、そうなるとオール黒人キャストというだけでなく、黒人監督による最初のトーキーとなった訳ですね。まあ、でも「Library of Congress copyright」には、別の白人監督がクレジットされています。まず、1929年の「ジャズ・シンガー」という作品でトーキー映画が紹介されてからは、ハリウッド中の映画会社がトーキー映画に夢中になり、このクリスティ・フィルム・カンパニー(アル・クリスティの)も例外でなくトーキー映画を撮影しようと、スペンサー・ウィリアムスとは俳優としてでなく、サウンド・テクニシャンとして契約を結びます。そこで、南部の映画でトーキーを製作しようとしたクリスティは、ロケーション探しに脚本家のアルフレッド・コーンと、南部出身のスペンサー・ウィリアムスを行かせます。そこで才能を見せたウィリアムスは、そのシリーズの台詞を殆ど書いていると言われてます。中々面白い経緯でしょ?このDVDには入ってませんが、「Tenderfeet」(こちらはトーキーじゃないです)という作品もスペンサー・ウィリアムスが監督したのでは?という事。

話を戻してこの作品...
中々面白いです。南部の「ハイ・ソサエティ」のお話。学者達が主役なんですから。とは言え、でも普通の人々ももちろん出てくるので中々面白いんですよ。すでに「バーバーショップでの会話」なんていうシーンも見られるんですから。
まあ、随所に当時の白人の人が書いたとは思えない部分があり、スペンサー・ウィリアムスの「俺の生き様を見ろ」的に作品に絶対に自分だと分かるような証拠を残した部分に、思わず感動してしまいます。

感想はこちら

(4.25点/5点満点中:DVDにて鑑賞)