SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

I Passed for White / 日本未公開 (1960) 616本目

最近何かが足りないなーと思ったら、この手の古典映画を見てませんでしたね。最近の物に走りすぎました。なのでこれを手に取って見たんですが、これを見たら他の関連映画も見たくなりまして...結局クラシックを3本立て続けに見てしまいました。その後から見た2本の方が主流で有名でなら、こちらは亜流ですね。でもこちらは本当にあったお話が原作となっております。黒人でいながら、混血により色が白い為に白人で通ってしまう女性の話し。黒人映画では「Mulatto(ムラート)」等と言われて、この時代の映画で何回も題材となりました。特には「悲劇の混血児(Tragic Mulatto)」と言われています。白人で通ってしまうという事を「Passing(パッシング)」と呼び、なぜそれが悲劇なのかが描かれています。白人からは黒人扱いされ、黒人からは仲間はずれにされるんですね。今でも、白人と黒人の混血児だけではなくて、多くの色んな混血児達が悩む問題だと思います。でも映画界の中ではこの時代は極めて色の白い黒人俳優が持て囃されたりと、かなり歪んだ関係でもありますよね。あの黒人映画の父と言われるオスカー・ミショーでさえ、色の白い女優を使うのを好んだり、黒人女性のスターとなったのはブロンズのクラーク・ゲーブルの呼ばれたRalph Cooper (ラルフ・クーパー)だったりするんですから。黒人と色の関係については、かなり根強い因縁があります。

この映画ではトラジックムラートを演じたのが白人女優。年の頃も丁度良くて色の白い黒人女優を探す事が出来なかったそうです。まあ言い訳だと思いますけどね。白人の男性と恋に落ちて結婚する役なので、本当に所はその変の白人と絡む事を考えて、論争とかを避けた結果が白人女優だったんだと思います。それでも問題が起きるのを恐れた映画会社は、いきなり大きな劇場で公開する事を避けて、小さな劇場から公開させた。そこで問題が無い事が分かると、大きな劇場に移したらしいです。1960年と言えば、丁度キング牧師が出て来て世の中が変わろうとしていた時期ですね。時代背景として面白いのが、この原作本が発売されたのが1956年の事。そして異人種結婚のアイコンとなっているミルドレッド&リチャード・ラヴィング夫妻が結婚したのが1958年。この映画が上映されたのが1960年。ラヴィング夫妻の結婚が正式に認められたのが1967年。この背景を知ると、黒人と知りながら愛し結婚したリチャード・ラヴィングという男性の勇気は凄いなって思わされます。この映画では主人公が必死に黒人女性である事を隠すんですから。嘘も真実も彼女にとっては悲劇だったのですよ。

黒人女性が白人として通した時にちょっとした仕草が少し泣けてくるんです。会社のパーティに出席する事になった時に、今までは出席させて貰えなかったので、大喜びしちゃうんですよね。些細な事が当時黒人である事の辛さを物語っています。

この映画で好きなのが、黒人女性と知ってからも友情関係を続ける白人女性の存在と曲ですかね。あの友人の存在は大きいですね。この映画の音楽はなんとあのジョン・ウィリアムスであります。ジョニー・ウィリアムスでクレジットされていますが、あのジョン・ウィリアムスの作品。この映画で3作目。こういう作品もやってたんですねー。びっくり。彼の感傷的な曲が余計にこの映画をオペラ化してましたね。ジョン・ウィリアムスだけでなく、主人公を演じたソンヤ・ワイルドは有名にはなりませんでしたが、相手役のジェームス・フランシスカスはその後に有名になった俳優です。そういう点でも興味深い作品ですね。

同じようなのが続きますがご勘弁を。

感想はこちら

(3.5点/5点満点中:DVDにて鑑賞)