SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Ghosts of Mississippi / ゴースト・オブ・ミシシッピー (1996) 130本目

やっと映画見れました。何となく手が伸びたのがこの作品。いや、この映画の舞台になったミシシッピーで行われたつい最近のアメリカ大統領の予備選となる民主党での結果が気になったというのもある。出口調査の結果では、黒人の92%がバラク・オバマに投票し、白人の70%がヒラリー・クリントンに投票したそうである。他の白人の多い州でもバラク・オバマが勝っているのにまたまた意味ない出口調査やるなーと最初は思ったのだけど、ミシシッピーの出口調査を見てやはりミシシッピーは違うんだなという印象を強く感じた。

エメット・ティル殺人事件なので活躍したNAACPのミシシッピ支部のリーダーであるメドガー・エバースが、丁度ジョン・F・ケネディ公民権について国民に語ったTV中継の後の深夜にNAACP事務所から帰宅した自宅前の車から出た時、バイロン・デ・ラ・ベックウィズが銃の引き金を引いた。それから20年30年経ってようやくベックウッズが有罪判決を受けた。ベックウッズを有罪にするまでの検事とエバース一家の戦いを描いている。とは言え、主役は検事のボビー・ベローター。ここにはどうしても監督の意図が見えてしまう。なんでその31年間ずっと戦い続けたマーリー・エバース夫人とその子供達が主役にならなかったんだろうなーとも思う。その31年間が「私は待つのに慣れてますから」という台詞だけに凝縮されているのは何でだろう?とも思う。もちろん1986年に再調査を依頼されてから5年間、私生活を犠牲してまで法という物と戦ったボビー・ベローターも確かに英雄であり、彼の物語も感動的ではあるけれど... 監督が伝えたかった部分がそこなのかな?とも思う。

犯人のバイロン・デ・ラ・ベックウィズを演じたジェームス・ウッズが不気味で素晴らしい演技を見せている。本当に気持ち悪い。吐き気のするような男。トイレでベローターと2人きりになった時なんか、本当に不気味でぞっとする。所で犯人はたった7年間だけれど獄中生活で、どう変わったのだろうか?やっぱりあのまま不気味なままだったのだろうか?7年間で彼は自分の過ちに気が付いたのだろうか??彼は2001年に死ぬまで、あのままだったのだろうか?

このタイトルのゴーストは、差別とか偏見とかいう見えない物だと思う。まだまだミシシッピーにはゴーストが不気味に存在しているようにも思える。

感想はこちら

(4点/5点満点中:DVDにて鑑賞)