SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

For Us, the Living: The Medgar Evers Story / 日本未公開 (1983) (TV)

Cast >> Howard E. Rollins Jr. (Medgar Evers), Margaret Avery (Dottie), Roscoe Lee Browne (Gloster Current), Irene Cara (Myrlie Evers), Laurence Fishburne (Jimbo Collins), Thalmus Rasulala, Dick Anthony Williams, Paul Winfield (Sampson) ...
Director >> Michael Schultz
Writer >> Ossie Davis, Ken Rotcop, Myrlie Evers (book)
Producer >> Ken Rotcop ...
Genre >> Drama

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 4

Brave foot soldier in hot place
1963年6月11日、その日はジョン・F・ケネディ大統領が人種差別についての大事なTV演説をしていた。ミシシッピーのNAACPの代表メドガー・エバース(ハワード・E・ロリンズ・ジュニア)は、集会のスピーチを終え、家族と別れた後に、TVインタビューに答え、車で大統領のスピーチを聞きながら家路に急いだ。車から降りた所で、銃弾を受け倒れた。そんなエバースの戦いは10年前から始まっていた。結婚したばかりのマーリー(アイリーン・キャラ)とのデート中に、黒人住民の家を回り、NAACPについて話していたが、彼らを雇う白人達から嫌がらせを受けていた。NAACPのミシシッピ支部の代表に選ばれるが、子供が生まれたばかりのマーリーと対立し...

公民権運動時のミシシッピー、いや今現在でもミシシッピーは大変な場所である。諦めるしかない...そんな状況を作り出す迫力すらある州。その状況の中で孤軍奮闘していたのが、メドガー・エバースという男である。第二次世界大戦では、ヨーロッパで戦った軍人でもある。ミシシッピーのみんなが諦めているので、誰もNAACPの代表をやりたがらない。なぜならそこには「死」が待っているのが一目瞭然だったからだ。でもエバースはだからこそ諦めてはいけないのだと、立ち上がる。そのエバースの苦悩をストレートに描いている作品。エバースを演じたロリンズは実に聡明でエネルギッシュにエバースの英雄像を演じている。マイケル・シュルツの演出も上手い。教会で待つ大人達が「We Shall Overcome」をしっとりと歌い、学生が中心の若者たちが「Ain't Gonna Let Nobody Turn Me Around」を歌いながら力強く教会に入ってきた時に二つの曲が重なり合うのが感動的。

ドガー・エバースは第二次世界大戦の激戦地で戦い無事に帰国した。故郷ミシシッピーの地でも勇敢に戦った。それでも彼は差別に満ちた男の手によって殺されてしまった。彼の苦悩や努力をストレートに見たので、どうしても涙と怒りが溢れてくるのだ。


(1/13/11:ビデオにて鑑賞)