SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Betty and Coretta / 日本未公開 (2013) (TV) 1354本目

この作品、ポロっと抜けてました!引越し前にTV録画していたけれど、DVDに落とすのを忘れており、そのままDVRをケーブル会社に返したんです。そのまま私の記憶からも消えちゃってました。あは。うちのサイト、ポロっと抜けているんだよね。あのジョン・シングルトンもポロっと。シルヴァイン・ホワイトとかレジー・ロック=バイスウッドとかは入れているのに。この前、愕然としましたよ。なのでシレっと入れておきましたけど。おほほ。

というどーでもいい情報はさておき、タイトルのベティさんとコレッタさんは、マルコムX未亡人(ベティさん)&キング牧師未亡人(コレッタさん)です。まあベティさんは沢山居る名前ですが、コレッタさんの方で何となく察し出来ますよね!実は2人は夫を亡くした後に交流していたのですね。そのフレンドシップをまとめドラマ化した映画です!でもライフタイムというチャンネルによるオリジナルTV映画っす。豪華なのが、その2人とも仲が良かった女優のルビー・ディがナレーション的な役割で登場しております!

という事で、女優ルビー・ディが椅子に座りながらオバマ大統領によるキング牧師のモニュメント除幕式でのスピーチを聞いていた。それでディはキング牧師、そして仲の良かったマルコムX、その2人の妻であるベティ(メアリー・J・ブライジ)とコレッタ(アンジェラ・バセット)の事を回想し始めた。マルコムX(リンゼイ・オーウェン・ピエール)はアラバマにてスピーチをしていた。そこでコレッタに出会い、2人は会話をし意見を交わす。その事を家でベティに話すマルコムX。それから時を経て、2人の夫は暗殺された。1972年に「ブラック・ナショナル・ポリティカル・コンベンション」が開催。そこでベティとコレッタは初めて出会う。会終わりでお茶をする2人は意気投合。夫の功績を後世まで残すという同じ目的を共有し、そしてシングルマザーとしての同じ悩みを抱え、2人は支えあっていくのだった...

と、ベティとコレッタ、キング牧師マルコムXという事で描かれておりますが、本当はミシシッピーでNAACPの活動をし、暗殺されたメドガー・エバースの妻マイリーの3人で仲が良かったらしい。3人でスパに行ったりしている。なので今日の写真は3人の写真!キング牧師マルコムXという対比が面白いから、ベティとコレッタだけになっちゃったんだろうけど、マイリーも出して欲しかったわー。って、出てたわー。ベティはマルコム亡き後に、大学に戻り卒業後にメドガー・エバース大学にて教鞭に立っていた。ので、マイリーが「私の夫の大学にベティが教えていると聞いて」と訪ねてくる。でもそれだけでしたね。残念!そしてマルコムもキング牧師の子供たちが、「映画は事実とは大きく違うわ!」と反論している。コレッタが子供を連れてベティの家にやってくるシーンがあるけど、それは無かったらしい。ラストシーンもちょっと違っているらしい。と、細かい所は違う。映画の後にはちゃんと「脚色してドラマ化しております」という注意書きが流れたけどね。

確かに事実とはちょっと違う。しかも優秀な作品では決して無いが、良い映画ではあった!何が良いって、ルビー・ディの語りですかね!色々な思い出を熱く語っていた。ルビーの語りだけで、3人がどれだけ仲良かったのかが分かった。そのルビー、マルコム暗殺後に小さい子を抱えるベティの家計の為にと、シドニー・ポワチエの当時の妻と共に委員会を設立し、募金コンサートなどをして、ベティは家を買う事が出来た。映画の中では「マルコムX自伝」のロイヤリティのお陰になっていたけどね。もちろん「マルコムX自伝」での利益は助かったらしい。

ベティが「メッカ巡礼後の夫の思想や願いでなく、それ以前のイメージが勝手に先行して使われている事に苦悩する」というのも最高でした!そこからのベティとコレッタの友情ですよ。泣けますよ、そりゃ!キング牧師おたくの私は号泣っすよ。

ところで今回キング牧師の妻コレッタ・スコット・キングを演じたアンジェラ・バセットは、みなさんご存知のように『Malcolm X / マルコムX (1992)』では、マルコムXの妻ベティ・シャバズの方を演じておりました。しかも完璧に!そんな人の前で今回ベティを演じたメアリー・J・ブライジ姉さんはかなりやりずらかったに違いない!しかし、コレッタもベティも完璧に演じるアンジェラ・バセットが凄すぎるわー。こっちでは完璧に私が想像するコレッタと同じでしたもの!

という訳で、とりあえずキング牧師関連は今日まで!もう1作ありましたので次がとりあえずでした!!という事で、この前一生懸命作ったキング牧師関連の映画についてのまとめをどうぞ。以前とURLが変わっております。

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(3.5点/5点満点中:4/30/15:DVDにて鑑賞)