SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Kingdom / キングダム/見えざる敵 (2007)

Cast >> Jamie Foxx (Ronald Fluery), Jennifer Garner (Janet Mayes), Jason Bateman (Adam Leavitt), Chris Cooper (Grant Sykes), Andrew Astor (Big Wheel), Jeremy Piven ....
Director >> Peter Berg
Writer >> Matthew Michael Carnahan, Michael Mann
Producer >> Peter Berg, Michael Mann ....
Genre >> Drama

総合ポイント >> 4/5点満点
Contents >> 3 Performance >> 5 Direct >> 4 Music >> 4

Vicious circle of loathing
サウジアラビアのリヤドにある外国人移住区にて、ピクニック中にテロが発生し、アメリカ人を含む多くの死者が出た。FBIのフルーリージェイミー・フォックス)は、その知らせを現地居るFBIの仲間であり友人のフランから聞いた。しかし、その直後フランもテロの自爆に遭い亡くなった。フルーリーはFBI捜査官3人を連れて、リヤドに捜査に向かうが...

終わらないベトナム戦争に恐怖を感じたアメリカ人がランボーを誕生させたように、終わらない中東との戦いに恐怖を感じているアメリカ人が作り出した作品のように思える。実際にあった事件を元に作り上げたこの作品は、4人のFBI捜査官をヒーローとして登場させている。無敵で優秀な4人の主人公。そこには、アメリカ人の何かにすがりたい...という部分を感じる。サウジアラビアのアル・ガージー大佐という人物を少し丁寧に描いたお陰で、サウジの人々全てが敵と言う風には描いてはいないのは特記するべきだと思う。お互いが手を結べば解決出来る事もあるという前向きな部分を感じた。でもアメリカからやってきたFBI捜査官の方が優秀という部分に、アメリカの上から目線を感じてしまう部分もある。

そして最後になる囁いた言葉が同じという部分。結局は、アメリカの戦争への大義も意味もない物に感じる。この戦いは結局終わりなき悪循環をその台詞に感じるのだ。また彼等の最後の憤りのない表情にも、この戦いの全てを感じる。

(3/1/08:DVDにて鑑賞)