SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

I'm in Love with a Church Girl / 日本未公開 (2013)

Cast >> Jeff 'Ja Rule' Atkins (Miles Montego), Adrienne Bailon (Vanessa Leon), Stephen Baldwin (Jason McDaniels), Vincent Pastore (Nicholas Halston), Toby Mac (T), T-Bone (Martin De LaFuente), Michael Madsen (Frank Harris) ...
Director >> Steve Race
Writer >> Galley Molina
Producer >> Sean Dinwoodie, Galley Molina, Michael K. Race, Steve Race
Genre >> Drama
Country >> USA

総合ポイント 2.25点/5点満点中
内容 >> 2 演技 >> 2 演出 >> 2 音楽 >> 3

"Someone take the wheel"
マイルス(ジャ・ルール)は、サンホゼでドラッグディーラーとして成功し、学生時代からの仲間と共に富を得ていた。DEA(麻薬捜査官)からも目を付けられており、張り込みされていた。知り合いの家でのパーティで、ヴァネッサ(エイドリアン・ベイロン)に出会った。ヴァネッサは以前に町で見かけ、視線を奪われた女性であった。ここぞとばかりに話すマイルス。2人は親密な関係に発展していく。しかしヴァネッサは教会に熱心に通う所謂「チャーチ・ガール」。マイルスとは不釣合いに思えた。マイルスはヴァネッサにより変わっていこうとするが...

私はこういう作品を「チャーチエクスプロイテーション」と呼ぶ。タイラー・ペリーの興行的な成功により増えたチャーチエクスプロイテーション。私は意地悪的にそう呼んでいる。聖書の教えを映画にしたいという心意気は好きだ。けれど、大抵は内容が薄い。信じていれば必ず報われる、奇跡は起こるのだ!というテーマ。そこに肉付けされている物語が余りにも幼稚である。しかも成功物語がやはり物質的なものであったことも残念だ。

これを見て、教会に行くか!と思う人は皆無であろう。これがクリスチャンである!と思われていいのか?と問いたい。

(7/15/15:DVDにて鑑賞)