SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Get Hard / 日本未公開 (2015) 1397本目

去年中頃までは物凄い勢いだったが、今年に入ってからケビン・ハートの調子が悪い。理由は今年に入ってからなのか、フィアンセと婚約してからなのか分からないが、とにかく当たってない印象。とは言え、1位じゃないってだけなんだけど、今までがずっと1位だったからね。そして更にはソニーピクチャーズの重役にこっそりディスられていたりと散々だ。そんなケビンがウィル・フェレルと共演のダブル主演!

という事でこの映画もややヒット。毎回、興行成績は初登場1位!だったケビン・ハートも、アニメに敗れて2位。批評家からは散々な批評を受けている。人種的&同性愛者へのジョークがキツイというのがその理由。まあ確かに同性愛者へのジョークはキツイかなとは思うけれど、人種的なものはそこまで目くじら立てるかな?という程度。なんていうか、逆に白人側が抱えている偏見を笑っているようにも思えましたけどね。ウィル・ファレル演じるジェームス・キングはハーバード出で白人以外の世界を全く知らずに育ってきたような人。ジェームス自身「White or miscellaneous(白人か、寄せ集め)」と平気で言っちゃう男。でも超真面目。ハーバードに入る位だから勉強家。黒人のカルチャーを知った時には、真剣に学んでしまうのが面白かった。まあでもこういう人居るよねーと。刑務所について知った時もそうだね。Shanks(刑務所内で寄せ集めで作るナイフ)を10本くらい作っちゃう。そういう奴なんだって分かった後だから、ジェームスとケビン・ハートが演じたダーネルは友情を育める。まあなんでも差別的!って思ってしまうのは良くないですよね。まあ確かに要らないシーンもあったけど。

でも!T.I.がクレンショー(LAの黒人移住区)のギャングのリーダーっていうのは如何なものか!T.I.はやっぱりサウスのキングだよね。あの役はザ・ゲームかY.G.辺りにやって欲しかったかなー。訛りがキツイとかじゃないんだけど、やっぱり雰囲気がサウスだよね、T.I.は!下手とかじゃないんだ、醸しだされる雰囲気なのよ。でもそんなT.I.演じるギャングのリーダーのラッセルに向かって、ジェームスが「ラッセルは雰囲気がもう自然的なリーダー!若い頃のロナルド・レーガンだねー」と言って、みんなが???になっちゃうのが面白い。ジェームスと周りのギャップが最高に面白い。

ジェームスが出来ない事の一つが「Fit in(適応する)」という事。空気を読んだりするのが苦手な人っている。ダーネルは逆でいつも空気を読んでしまう。甘んじてしまう。という事でお互いが埋めていくわけですね。

ウィル・フェレルの独特な「何もしりませんよ、私は」といういつものアレがわざとらしくて最高だよね。確信犯的にやっているあの表情。いつも通り!!だからこの映画面白い。ケビン・ハートもいつものように心は真っ直ぐ一生懸命!2人の良さが上手く絡んでいたとは思うけれど、まあちょっとだけ脚本がよくなかったよね。でも、ギャングの1人が良いこと言ってたりするよ。

それにしても2パックの「Changes」良い曲だよねー。惚れ惚れする!!

感想やあらすじはこちら

(3.75点/5点満点中:8/2/15:DVDにて鑑賞)