SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Guard / 日本未公開 (2011) 959本目

ドンチー事ドン・チードルが出演しているアイルランドの作品。しかもアイルランドの映画の歴史で、インディペンデンス映画として、今までの興行成績を破った大ヒット作品。主演のブレンダン・グリーソンアメリカのゴールデン・グローブ賞にまでノミネートされた。

この映画に入りこむまで少々厳しいが、ハマってしまうとドンドンと笑けてくる、そんな映画です。最初はね、その主演のブレンダン・グリーソンが憎くてたまらない。最悪なんです、このおじさん。タイトルのザ・ガードは、日本語のガードマンというよりも警察。ザ・警察である。そういえば、在日韓国人の友達が韓国の警察の帽子には「ザ・警察」って書いてあると言っていた。そんな感じである。映画では英語で「ザ・ガード」と書いてあったり、ゲール語で書いてあったりもした。映画はアイルランドの小さな町が舞台。そこでザ・警察をしているのが、ブレンダン・グリーソン演じるボイル。N.E.R.Dの曲を聴きながら、飲酒運転でスピード違反をしている若者達には、別に注意する訳でもなく、彼等が事故で死んでしまうまで待ってしまうタイプ。というか、彼等がどの場所で事故ってしまうか、長年の勘で分かっているから、そこで待ってる訳ですよ。そして殺人事件が起きてしまう。しかも、同時に都会のダブリンから別のザ・警察がやってくる。そして更には大きな麻薬取引が行われる予定との情報を手に入れたFBI捜査官がアメリカからやってくるのです。そのアメリカからやってきたFBI捜査官がドンチー。ボイルは、ドンチー演じるウェンデルに協力しなくちゃいけない。ボイルはウェンデルに「どうせ貧しい家庭から来たんだろ!」と差別的な発言を繰り返す。酷いおっさんです。でも、そのおっさんが、赤いパンツで登場してきた辺りから、面白くなる。最後とか、すごーく笑った。あのおっさん、結構バカなんだけど、キレる。しかも最後の最後は本当にスタイリッシュ。うまく決めた感が強い。口悪いアイルランドの少年とか、ボイルのみっともない体のボディスーツとか、娼婦とか、色んな複線が上手くまとまってるんですよー。

アイルランドはイギリスも嫌いなんだろうけど、アメリカも嫌いなんだろうなーと感じました。アメリカやイギリスへの小言が沢山あります。アイルランドの知識はU2とか「Hunger / ハンガー (2008)」くらいしかない私でも笑ってしまうんですから、アイルランドの人々はこの映画で大爆笑じゃないでしょうか。ブレンダン・グリーソンが新しいタイプのザ・警察を好演してます。ドンチーはドラマでもコメディでも全然平気な本当にマルチな俳優よねー。

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4.5点/5点満点中:1/30/12にDVDにて鑑賞)